トップ > ヨーロッパ > スイス > チューリヒ特派員 > スイス脱線事故 土砂崩れの危険性は予知出来なかったのか

スイススイス/チューリヒ特派員ブログ

スイス脱線事故 土砂崩れの危険性は予知出来なかったのか

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 投稿日:2014年8月16日

スイスメディアによると、脱線事故が起きた8月13日はスイス東部で記録的な大雨に見舞われていた事が分かりました。


スイス国内のみならず、ヨーロッパ各国で列車事故の様子が報道されています。

2014年8月14日のニュース (音声ドイツ語) ニュース専門チャンネル「ユーロニュース 」より


事故のあったグラウビュンデン州では、
発生の24時間前には40〜60ミリの雨量があり、既に土砂崩れが数カ所で発生していたそうです。


40〜60ミリの雨量とは、一体どのくらいの雨の強さなのでしょうか?


気象庁 によると、降水量が50ミリを超えると
「傘が全く役に立たないほどの非常に激しい雨で、滝のようにゴーゴーと降り続く」と説明がされています。


大雨が原因で土砂崩れが発生し、列車の脱線が起きてしまった今回の事故。
危険性を予知出来なかったのでしょうか?


レーティッシュ鉄道の広報担当は、「確かにひどい雨が2日間降り続き、土砂崩れの危険性はあったが、
この路線で土砂崩れが起きたのは今回が始めて。土砂崩れはどこで起きるか予知できないものだ」と説明。


地元警察は「どこでこのような災害が起こるのかは予測がつかない。
傾斜面の角度、地盤の緩み、降水量、地学的要素によって異なるためだ」との見解を発表しています。
(swissinfo.ch より引用)


事故現場では、崖を滑り落ちた車両の撤去作業が始まっています。


本日8月16日にグラウビュンデン州警察の記者会見が行われる予定です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mizuki

スイス・旧チューリヒ特派員のmizukiが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/旧チューリヒ特派員
名前:mizuki

mizuki

チューリヒ特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

チューリッヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

チューリヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > チューリヒ特派員 > スイス脱線事故 土砂崩れの危険性は予知出来なかったのか

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について