トップ > ヨーロッパ > クロアチア > ザグレブ特派員 > 初秋のプリトヴィッツェ観光 持ち物と服装アドバイス

クロアチアクロアチア/ザグレブ特派員ブログ

初秋のプリトヴィッツェ観光 持ち物と服装アドバイス

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年8月28日

今週の火曜日、日本からお越しになれた方とご一緒にプリトヴィッツェに行ってきました。
当日お天気は「曇りのち雨、雷雨の恐れもあり。時折晴れ」...なんていうややこしいお天気で心配でしたが、とても運の良いことにプリトヴィッツェ公園内の散策中は一度も雨に降られることはありませんでした。

朝晩はひんやりと肌寒い内陸部。少しずつ秋の気配が感じられるようになってきましたが、やはり日中はかなり暑く感じることもあり、なかなか服装の調整が難しいです。(今日は久しぶりにザグレブも夏のようなかなりの暑さ。じっとしていても暑く感じます)


前回「初秋の香り漂うザグレブ 温かい服のご用意をお忘れなく! 」でこれからのクロアチア観光の服装についてお伝えしましたが、今日は初秋のプリトヴィッツェ観光への持ち物と服装についてお伝えします。

まず、服装ですが、街歩きの時と同じく、重ね着ができる服装をご用意ください。暑い時は脱げるように、夏服を一番下に着て、その上からジャケットなどを羽織るとよいでしょう。急な雨などで気温が一気に下がることもあるので、天気予報をチェックして雨の可能性がある時は、リュックサックの中に防水性のある軽くて暖かい上着を1枚入れておくと安心です。

それから、秋にかけて雨が降ることも多くなります。「今日は100%晴れ」という時は必要ないかもしれませんが、「くもり」など、少しでも雨が降る可能性のある時は、リュックサックに「合羽(カッパ)」と「折り畳み傘」を入れておくと安心です。特に公園内が込み合っている時は、傘を持っていると周りの人に当たり危ないですし、なかなかうまく進めないことも...。そのため小雨程度なら合羽の方がなにかと便利です。


それでは、初秋のプリトヴィツェ散策に持っていきたい持ち物をまとめてお伝えします。


・リュックサック
・タオル
・帽子や日焼け止め(まだまだ日差しがきついです...!)
・虫よけスプレーやかゆみ止め(まだ蚊はいますよ!)
・お水(水分補給はたっぷりと)
・ウェットティッシュ(手が汚れたときなど、何かと便利です)
・合羽や折り畳み傘
・お弁当やスナック(サンドヴィッチなどお弁当も持参しておくと大自然の中でピクニック気分を味わえます。ごみは各自で持ち帰ってくださいね)


(プリトヴィッツェの豊かな自然を守るためにも、野生動物には食べ物を与えないでくださいね)


今週の火曜日も、曇りがちとはいえ、歩いていると汗が出るほど...。水分補給と暑さ対策もしっかりと行ってくださいね。


それでは初秋のプリトヴィッツェ散策、どうぞたっぷりと満喫してください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小坂井 真美

クロアチア・ザグレブ特派員の小坂井 真美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

クロアチアクロアチア/ザグレブ特派員
名前:小坂井 真美

小坂井 真美

学生時代にクロアチアに魅せられ、4年間で10回以上の渡航・短期滞在を繰り返す。2012年秋にザグレブに移住、現地より様々な情報を発信中。 クロアチア旅行に参考になる情報からザグレブでの生活模様まで、「アドリア海の真珠」 と呼ばれる美しいこの国を少しでも身近に感じていただけるようなお話をお伝えしてゆければと思います。個人ブログでもザグレブより色々発信中。
facebook DISQUS ID @disqus_QZCpoDNYAi

ザグレブ特派員トップにもどる

その他のクロアチアの特派員

ザグレブを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ザグレブ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > クロアチア > ザグレブ特派員 > 初秋のプリトヴィッツェ観光 持ち物と服装アドバイス

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について