トップ > ヨーロッパ > クロアチア > ザグレブ特派員 > 【ザグレブ発プリトヴィッツェ】おすすめ日帰りプライベートツアー

クロアチアクロアチア/ザグレブ特派員ブログ

【ザグレブ発プリトヴィッツェ】おすすめ日帰りプライベートツアー

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2015年7月21日

先日久しぶりにプリトヴィツェへ行ってきました!
今までいつもバスや自家用車を利用して行っていましたが、今回は地元の旅行会社ZagrebToursが主催しているプライベートツアーで行くことに。


ザグレブ=プリトヴィッツェ間は、プロドライバーが運転する専用車で移動、プリトヴィッツェではプロガイドが案内、ラクチンで至れり尽くせりの最高のツアーでした!今までもよく「ザグレブからプリトヴィッツェへ日帰りで行ける、おすすめの現地ツアーを知っていますか?」という声を耳にしましたが、そんな方のためにぜひ自信を持っておすすめしたいこのツアー。今回はその内容とおすすめポイントをお伝えしたいと思います。


■おすすめポイント①専用車でラクラク移動!
ラストケ村にも気軽に立ち寄れる



(プロガイドのDavor(ダボル)さん。ZagrebToursのオーナーさんでもあります)


ツアーの始まりは朝。プロガイド兼プロドライバーであるDavor(ダボル)さんが家まで迎えに来てくれました。(ご宿泊のホテル前でピックアップしてくれます!)ザグレブからプリトヴィッツェまで、公共バスを利用すると約3時間ちょっと。でも、車ならスムーズに行くと(途中の町に立ち寄らずに直行すると)2時間程で到着します。


ザグレブからプリトヴィッツェへの道中には、可愛らしい小さな村「ラストケ村」が位置しているのですが、公共バスでの移動だとなかなか気軽に立ち寄ることができません。でも専用車での移動なら気軽に立ち寄ることが可能!


日本のガイドブックなどではちらっとしか紹介されていませんが、プリトヴィッツェを訪れるなら、ぜひ併せて訪れたい場所。



スルンチッツァ川とコラナ川の合流点に位置しており、村の中を縫うように清流が流れています。まるでおとぎ話の世界に迷い込んだような、可愛らしいラストケ村。「スケジュールに余裕があれば村の観光だけでなく、カフェでコーヒーでも飲んで一息して行ってくださいね」とダボルさん。


ラストケ村に気軽に立ち寄れるのも、専用車での移動ならではです。


■おすすめポイント②入園チケットの購入に並ばなくていい


7月、8月は1年で一番プリトヴィッツェが賑わう時期。
かなりの混雑を予想してましたが、公園に着いてびっくり!入園チケットの購入する人の長~い列ができていました。



でも、プロのガイドさんと一緒なら列に並ぶ必要なんてありません。
「ちょっとここで待っててね」と一言。3分後に戻ってきたダボルさんの手には入園チケットが握られていました。


この日、列に並んで待つと少なくとも15分~20分待つ必要がありそうな込み具合
でしたが、ダボルさんと行ったおかげで待ち時間はわずか3分!
炎天下の中何十分も待たなければならない・・・と考えると、これだけでもプライベートツアーで来た甲斐があったと感じた瞬間でした。


■おすすめポイント③プロガイドの案内で効率よく散策できる



平均して年間100回以上プリトヴィッツェに来ている、というダボルさん。地図なんか見なくても、園内マップは頭の中に全部入っています!そのため、参加者の体力、好み、スケジュールに合わせてピッタリのルートを提案してくれます。この日私はおすすめの「王道ルート」、下湖群と上湖群両方をぐるっと回るルートを案内してもらいましたが、全部で4時間程で見て回ることができました。(はじめて来る方、ゆっくりと湖を堪能したい方ならもう少し時間がかかります)


■おすすめポイント④プロガイドと歩くので、小さな発見を逃さない


プリトヴィッツェはやはり、何度訪れても感動する美しさ!刻々とその表情を変える湖。訪れる季節、お天気、太陽の光強さにより、微妙に湖の色が変化するプリトヴィッツェでは、決して同じ景色を二度と見ることができないのです。



いつもはそんな湖の美しい姿を目に焼き付けることだけに必死になっていた私ですが、この日はさらなる発見がありました。エメラルドグリーンの湖に目が釘付けになっていた私に「ヘビっっっ!」といきなり叫ぶダボルさん。「えっ?!ヘビ?!?!」とさっと血の気が引いた私ですが、ダボルさんが指さす先を見ていると、小さなヘビが水の中を泳いでいました。



「自然豊かなプリトヴィッツェ。そりゃ、ヘビくらいいるよね~。でも、初めて見た!ひとりで歩いていたら見逃してただろうな~」と興奮する私見て笑っていたダボルさんですが、その数分後・・・「うわっ!あれ見て!カメラ、カメラ・・・!」と大興奮しながら再び水中を指さしました。


「なんだ?」と思って、ダボルさんが食い入るように見つめる先を見ると、いっぱいいる魚とは明らかに異なる大きな魚が・・・!



"Pike fish"、日本語でカワマスと呼ばれる魚で、なんでもプリトヴィッツェで姿を現すのはとても珍しいのだとか。教えてもらわなかったら、絶対に見逃していました・・・。


そのまたまた数十分後「また珍しい魚だよ!」と鋭く水中の生物を発見するダボルさん。今度彼が指さしていた先にいたのは「マス」でした。



(よく見つけられるなぁ~と思わず関心する、鋭い目のダボルさん)


そう、プリトヴィッツェ名物のマスです! 実は、プリトヴィッツェ名物として知られているものの、実際湖で泳いでいるのをほとんど見かけることがないマス。湖で泳いでいるたくさんの魚をマスだと思う人もいらっしゃるようですが、あれ、マスじゃないんです。あの大量に泳いでいる可愛らしい魚は「チャブ」という魚。チャブの驚異的な繁殖力に負け、湖のマスの数は激減してしまったそうです。



(ここに写っているのは全部チャブ)


そんなわけでダボルさんはツアーに参加者に「マスはいないの?」と聞かれると「プリトヴィッツェでマスを見かけるのは1年に2、3回くらいかな」とよく冗談を言うそう(それくらい少ないのです・・・)ですが、この日はそんなマスにも出遭うことができました!



それから、一時数が激減して絶滅が危ぶまれていた淡水ザリガニも姿を見せてくれました。


「ヘビにマス、ザリガニ、それからピケ・フィッシュを見られるなんて、今日はラッキーだねぇ!」とプリトヴィッツェ訪問回数、数百回のダボルさんも大満足の様子でした。


さすがプロガイドの目!私だけで来ていたら、ひょっとするとどれにも気づかず素通りしていたことでしょう。


■おすすめポイント⑤隠れ絶景スポットにもラクラク・アクセスできる



よく上(↑)の写真のような景色を見れる場所はどこですか?と質問を頂くこのスポット。
公園内からここまで辿り着こうと思うと、写真の険しいルートを30分以上かけて登ってくる必要があります。・・・なので、断念する人が多い隠れた絶景ポイント!
プリトヴィッツェに来るなら、ここに来ずして去るなんてもったいなすぎます!!



「そんなこと言ったって、体力に自信がないわ~・・・」という方!
プライベートツアーなら、このポイントにもラクラク車でアクセスすることができますよ!ガイドさんに一言「あの絶景スポットまで車で連れて行って」と伝えると、公園の散策が終わった後に車で連れて行ってもらえます。


■おすすめポイント⑥旅のとっておきの思い出になる



筆者は今まで何度もプリトヴィッツェに足を運びましたが、今回のプリトヴィッツェへの小旅行は新しい発見と体験がたくさん詰まった、思い出深い素敵な1日となりました♪


プリトヴィッツェの素晴らしい景色だけではなく、現地人であるプロガイドさんたちと過ごす1日は、きっと特別な旅の思い出のとなることでしょう。


⇒ ツアーの申し込み方法&詳細はこちら をご覧ください


★ガイドブックに載っていないクロアチア、スロベニア観光情報満載『クロたび 』もよろしくお願いします★

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小坂井 真美

クロアチア・ザグレブ特派員の小坂井 真美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

クロアチアクロアチア/ザグレブ特派員
名前:小坂井 真美

小坂井 真美

学生時代にクロアチアに魅せられ、4年間で10回以上の渡航・短期滞在を繰り返す。2012年秋にザグレブに移住、現地より様々な情報を発信中。 クロアチア旅行に参考になる情報からザグレブでの生活模様まで、「アドリア海の真珠」 と呼ばれる美しいこの国を少しでも身近に感じていただけるようなお話をお伝えしてゆければと思います。個人ブログでもザグレブより色々発信中。
facebook DISQUS ID @disqus_QZCpoDNYAi

ザグレブ特派員トップにもどる

その他のクロアチアの特派員

ザグレブを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ザグレブ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > クロアチア > ザグレブ特派員 > 【ザグレブ発プリトヴィッツェ】おすすめ日帰りプライベートツアー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について