トップ > ヨーロッパ > クロアチア > ザグレブ特派員 > 「日本人~!」 一夜明けたブラジルに敗れたクロアチア

クロアチアクロアチア/ザグレブ特派員ブログ

「日本人~!」 一夜明けたブラジルに敗れたクロアチア

カテゴリー:お題 / スポーツ・観戦 投稿日:2014年6月14日

世界中が注目したワールドカップ初戦、ブラジルに敗北したから一夜開けた今日のクロアチア。
朝から友達や同僚に会う毎に「昨日の試合観た?!」「試合前からビールを飲みまくっていたけれど、日本人のジャッジに酔いも吹っ飛んでいってしまったよ~!」「なぜだ~!?ニシムラ~!?」とやはり昨日の試合と審判の話で持ちきりでした。


昨日も速報でお伝えしたとおり 、普段サッカーをぜんぜん観ない素人の私でもハラハラドキドキするとても面白い試合でしたが、審判のジャッジに世界中が議論を繰り広げ、色んな意味で世界の関心を集める幕開けとなりました。

もちろんクロアチアを応援しつつも、とにかく熱いクロアチア人に囲まれて、彼らと比べるとちょっと冷めた目で試合を観戦していた私。
前半はかなり盛り上がったものの、後半試合の雲行きが怪しくなりだし、後に議論の的となるジャッジが下されるごとに「どうして?」「なんでだよっ!?」「ヤパ~ナッツ!!(日本人~!)」と
頭を抱えたり、手を天に振りかざし悔しさと驚きを露にするクロアチア人。
私と同じで普段スポーツを全く観ない彼のお母さんでさえテレビに釘付けになりながら試合を見守っていたのですが、ブラジルに2点目を入れられると「もうっ!ドキドキして、心臓に悪くて観てられないワッ!」、クロアチアのゴールが無効とジャッジされると「どうしてなの?!なんで今のゴールがカウントされないのよぉぉ~?!」と顔を真っ赤にして大興奮していました。


試合終了直後からクロアチア国内のみならず、国外の世界中の大手報道機関でも「主審のジャッジはフェアだったか」について色々な報道がなされてきた今回の試合。
「クロアチア贔屓」「負け惜しみだ」だと言われるかもしれませんが、それでもやはり今回の試合の審判には私も含め「???」マークが多くのクロアチア人の頭に残るものとなりました。
全力で試合に挑まれた双方チームの選手、そして審判の方々をよそに、負けてクロアチアだけが「アンフェアだ!」とか「誤審だ!」と騒いでいるのであれば本当にただの負け惜しみですが、これだけ世界中で今回の試合の審判の判定の公平さ、正確さについて議論されているのだから、どうなのかなぁ・・・という気はします。


でも、サッカーをこよなく愛するクロアチアの人たち。
「今日はドラツ市場で"ジャパン?コリア?チャイナ?"と聞かれても、ジャパンっていっちゃダメよ~」「ザグレブの日本大使館は大丈夫だろうか。。。」なんてジョークを飛ばす友人たちですが、みんな「日本人審判」のジャッジに色んな思いを抱えていても、「昨日の試合のせいで日本が嫌いになった」という人は(もちろん、中にはそんな人もいるかもしれませんが)まずいません。


「クロアチアを近々旅行の予定ですが、大丈夫ですか・・・?」とご心配するお問い合わせも数件いただきましたが、もちろん日本人審判の件で世論が沸き立っているとはいえ、「日本人だから」という理由で攻撃してきたり暴言を吐いてくるような人はまずいないので安心して旅行をしてください^^
サッカーと自国を愛する気持ちが強いとはいえ、本当にスポーツが好きで自国に誇りをもつ人はしっかりとした分別があります。またクロアチアと日本の関係は、たった一試合の判決くらいで悪くなるほどうすっぺらいものではないはずです。

昨日買ったマンゴー がおいしかったので、昨日の「ブラジルっ!マンゴー!!」のおじいちゃんからまたマンゴーを買うためにドラツ市場へ行きましたが、「お~!ジャパン!!今日もマンゴー?ブラジルっ!!」とマンゴーにかじりつく素振りを見せる陽気なおじいちゃん。
今日は昨日は遠慮がちだった家族のため、みんなでおなかいっぱい食べられるように6コ買ってきました(*´∇`*)


行きつけのパン屋さんのおばちゃんたちも「あっ!ジャパニーズが来たわよ~!今日は何を食べる?昨日のアレがあるだけに、"ブラジルミックス"?」とワハハ~と笑ってジョークのネタに。
「負けたのは悔しいけど、次がある!私たちクロアチア人は怒りっぽくて口が悪いけれど、一晩寝るとケロっと忘れるしね!」

("ブラジルミックス"という名前の、よくおやつに買うパン)


「ちっちゃな(小国)クロアチアが巨人(大国)ブラジルに挑む!」「世界中が小国クロアチアに注目!!」なんて騒がれ、多くのクロアチア人が国と選手への誇り、勝利への期待を旨に迎えた初戦でしたが、残念な結果となってしまいました。でも「終わったものは仕方がない!次がんばればいい!!」と、早くも次の試合に目を向けているクロアチアの人たち。
(一部、昨夜にまだ心をおきっぱなしの抜け殻のような人も目にしましたが・・・(;´▽`A )


最後になりましたが、今回の試合の審判について色んな意見がありますが「冷静になって考えてみれば、世界中が注目する大舞台。そんな大舞台に抜擢されたニシムラ主審がアンフェアなジャッジをするはずがない。人間誰しも間違いをおかすけれど。僕たち素人にはアンフェアなジャッジに見えた点もあるけれど、実際はほとんどが的確なジャッジだったんじゃないかぁ・・・。僕にはわかんないけど。難しい判断を、批判されることを予想しながらも、的確な判断を下したのだとしたら彼はやはり、あの大舞台に最適なすばらしい審判なのに違いない。大役を果たした"サムライ"には堂々としていてもらいたいものだ。」という、あるクロアチア人の声も。(確かに、世界が注目する大舞台ワールドカップ。そんな重大な試合の主審として大抜擢された方が、アンフェアなジャッジをされない・・・ですよね・・・。)


いずれにせよ、今週末の日曜日もワールドカップから目が離せません!
われらが日本の試合、そして日曜日の深夜(クロアチア現地時間16日の0時、日本時間16日の朝7時)にはボスニア・ヘルツェゴヴィナの試合があります!!!
我が家では、クロアチア戦よりも日本戦よりも、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦の応援に一番熱が入りそうです 笑


がんばれ日本!(私はもちろん日本を一番に応援しています ヽ(*^^*)ノ笑)がんばれクロアチア!そしてがんばれボスニア!!!

(6月お題"2014サッカーinブラジル")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小坂井 真美

クロアチア・ザグレブ特派員の小坂井 真美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

クロアチアクロアチア/ザグレブ特派員
名前:小坂井 真美

小坂井 真美

学生時代にクロアチアに魅せられ、4年間で10回以上の渡航・短期滞在を繰り返す。2012年秋にザグレブに移住、現地より様々な情報を発信中。 クロアチア旅行に参考になる情報からザグレブでの生活模様まで、「アドリア海の真珠」 と呼ばれる美しいこの国を少しでも身近に感じていただけるようなお話をお伝えしてゆければと思います。個人ブログでもザグレブより色々発信中。
facebook DISQUS ID @disqus_QZCpoDNYAi

ザグレブ特派員トップにもどる

その他のクロアチアの特派員

ザグレブを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ザグレブ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > クロアチア > ザグレブ特派員 > 「日本人~!」 一夜明けたブラジルに敗れたクロアチア

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について