トップ > 日本 > 山形特派員 > 日本のグランドキャニオン?-駒草平

日本国内日本国内/山形特派員ブログ

日本のグランドキャニオン?-駒草平

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年8月 1日

猛暑を逃れ、蔵王エコーラインで山を越えて宮城県蔵王町の駒草平にやって来ました(昨日)。
写真左は駒草平の駐車場とトイレと売店。 右は駒草平と展望台。左奥:刈田岳、中央奥:五色岳、
右奥:熊野岳。

駒草平は↑こういう所ですが、駒草は昔より少なくなってしまったうえ、今年の開花期はもう終わ
りです。

でも、ここの光景はまるで日本のグランドキャニオン。大きく崩れた山肌、深くえぐれた谷など、
荒々しくも壮大な景色が楽しめます。

蔵王のお釜の南の谷からの流れが一気に落ちる不帰(かえらず)
の滝は落差ほぼ100メートル。近くに住んでいた鬼婆が、登って
来た男どもを捕まえては生き血を吸って谷底に落としていたから
とか、滝を見に行った者が見とれて帰るのを忘れるから、などと
いうのが名前の由来。

こちらは振子滝。底の見えない深い峡谷の対岸の振子沢から流れ
落ちています。上段と下段と二つあって、風が吹くと水の流れが
振子のように揺れるので付いた名という。どちらも高さ40メート
ルほど。

駒草の花と景色を堪能したあと、売店の前に来ると緑色のソフト
クリームの写真と「ずんだ」の文字。 これは食べてみないと!
ずんだ味のソフトクリームは1個300円。まさに枝豆の味。うま
い!
変わりソフトの他のお勧めは東沢バラ公園の「バラ」ソフト。
バラの花の香りがして、あれもうまかった。

帰りに無料(昨日まで)の蔵王ハイラインを通って刈田(かった)岳へ。10日ほど前にも来たので
すが、今回は少し悪天候で、お釜は雲に隠れ気味。噴火警報が解除になったとはいえ、お釜周辺は
立入り規制中。馬の背の登山道の内側にロープが張られ、外側からはお釜が見えません。でも目の
前すぐの刈田岳に登れば全貌が望めます。右の写真の右奥には駒草平が見えています。

駒草平へは宮城県の白石蔵王駅から刈田山頂行のバス(宮城交通)で行けますが、冬期間以外の土・
日・祝日のみの運行で、1日2便しかありません。また山形からのバスはありません。なので車で行
くしかありませんが(山形市中心部から約1時間)、ここは1年を通じて(といっても冬は行けない)
のお勧め絶景ポイントです。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

韮澤 成行

日本国内・旧山形特派員の韮澤 成行が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/旧山形特派員
名前:韮澤 成行

韮澤 成行

山形特派員トップにもどる

山形に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

山形特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 山形特派員 > 日本のグランドキャニオン?-駒草平

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について