トップ > 北米 > アメリカ > ウィドビー島特派員 > アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?

アメリカアメリカ/ウィドビー島特派員ブログ

アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?

カテゴリー:お題 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年9月10日

今日はトイレのお話です。お国が変わればトイレ事情も様々。


アメリカのトイレ事情はどうでしょう?


基本的に、トイレの構造等は日本のそれと違いがありませんが、よく驚かれるのが、ドアの下方がオープンで外から足元が丸見えだったりすることですね。

IMG_4404.JPG

これは、トイレ内での性犯罪を防止するための策だと言われていますが、どうも落ち着きません。
でも、ノックしなくても空きが確認できるのは便利ですね。


そして、この使い捨てトイレシートカバー。ここアメリカでは備え付けられている所が多いです。シートに敷いて、使用後は流してもオーケーです。

seat-covers.jpg

さて、出先でトイレを探すのはどうしたらよいでしょう?


アメリカは公衆トイレというものは、日本ほど数多くありません。
やはり、目についた、コーヒー屋、ファストフードや店舗に飛び込むのが手っ取り早いですね。
まず、マックやスタバを探せば間違いないでしょう。


ただ、場所によってですが、誰でも自由に入れるとは限りません。
通常は鍵がかかっていて、ロックを解除しないと使用できない場所もあります。


店員さん等に頼んで、鍵を借りるか、暗証番号を貰う方法があります。
因みに、シアトルの日本食スーパーの宇和島屋、日本領事館の入っているビルなどは、この暗証番号形式でした。


ところで、便利な公衆トイレを探す携帯電話用の無料アプリがいくつかあるようです。
Toilet Finderのキーワードでサーチしてみて下さい。試しに私も「WC-Finder the free big worldwide toilet」というアプリをダウンロードしてみました。
こんな田舎でもちゃんと起動していました。


IMG_4400.png


トイレのサインですが、Women/Men、Ladies/Gentlemen、Female/Maleのほか、Queen/Kingのトランプの絵だけだったりすることもありますね。それとFamily用は日本でもお馴染みですね。


RESTROOM.jpg


そして近年増えつつあるのが、LBGTの人達に考慮されたALL GENDER(=全ての性別)表記。


all gender.jpg


シアトルは早くからLGBTの人達の人権を守ろうとしてきた街で、市ではALL GENDER用トイレの設置を学校や職場などで推奨しています。


以上、最新のアメリカトイレ事情でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員のユッキーが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ウィドビー島特派員
名前:ユッキー

ユッキー

ウィドビー島特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィドビー島特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ウィドビー島特派員 > アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について