トップ > 北米 > アメリカ > ウィドビー島特派員 > アメリカの古き時代の文化、ドライブイン・シアター「Blue Fox Drive-in Theater」

アメリカアメリカ/ウィドビー島特派員ブログ

アメリカの古き時代の文化、ドライブイン・シアター「Blue Fox Drive-in Theater」

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年8月22日

先日、ドライブインシアターに映画を観に行ってきました。

1960年代の全盛期には全米で5000軒ほどあったドライブイン・シアターも、現在では500軒足らずとなり、減少の一途をたどっているようです。ワシントン州でも現在はたったの13軒のみの営業となってしまいました。

1950年代のドライブイン・シアター

50sdriveintheater.jpg

Blue Fox Drive-in Theater

sunset.jpeg

そんな中、この島で頑張っている「Blue Fox Drive-in Theater」に行ってきました。まずは、ドライブスルーのチケットブースでチケットを購入します。料金は3本で大人$6.50子供$1.00。通常の映画館に比べるとかなりお得です。この日は、『Ice Age』『The Secret Life Of Pets 』『Ghostbusters 』の計3本を上映していました。

シアター入り口/チケットブース

ticketbooth2.jpeg

チケットを購入したら、白いポールとポールの間に車を駐車します。コンパクトカーは前3列へ、車高の高い車や幅が広い車などは後列へ駐車します。

この日は、週末の夏休みとあって、家族連れ、ティーンのグループやカップルで賑わってました。

ドライブイン・シアターでの映画の楽しみ方ですが、車の中で鑑賞するのもよいですが、この季節はアウトドアで映画を楽しむのが地元流。持参したチェアを車の前に並べる家族連れ、トラックの荷台の上にチェア並べる人、シェラフを広げて横になっている人と様々です。

truck.jpeg

ゴーカート場やゲームセンターも併設されているので、早い時間から来て、ここで時間を過ごす人も多いようです。また夕食時に重なるため、ピザやホットドックやポップコーンなどを求める人で売店はいつも長蛇の列。

さてさて、腹ごしらえを終えたら、音声受信のために、ラジオをFM88.7に合わせて日没を待ちます。

hotdog.jpeg

この島は日が陰ると急に気温が下がるので、夏でもブランケットは欠かせません。そして、夏は日が落ちるのも遅いので(9時過ぎ)、上映開始時間も遅くなります。芝生で駆けずり回っていた子供たちも、2本目が始まる頃には、きっと瞼がくっつきそうになっていたことでしょう。

3本目の「ゴーストバスターズ」が終わった時には、すでに3時を廻っており、気がつくと、さすがに車の数もだいぶ少なくなっていました。

映画館自体が衰退する中で、ドライブインシアターの永続は容易ではないと思います。しかし、こんなアメリカの匂いのぷんぷんする文化は、これからも是非残していってもらいたいものです。

Blue Fox Drive-In Theater

1403 Monroe Landing Road

Oak Harbor WA

Tel1-360-675-5667

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員のユッキーが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ウィドビー島特派員
名前:ユッキー

ユッキー

ウィドビー島特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィドビー島特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ウィドビー島特派員 > アメリカの古き時代の文化、ドライブイン・シアター「Blue Fox Drive-in Theater」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について