トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 晩秋のコッツウォルズを訪ねて①「スノーズヒル・マナー&ガーデン」

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員ブログ

晩秋のコッツウォルズを訪ねて①「スノーズヒル・マナー&ガーデン」

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月14日

Sut Mae!(シュマイ!こんにちは!)

わが家は毎年、この時期、年末までに消化しなければならない有給休暇を使うべく、晩秋旅行に出かけます。
ただ、イギリスもいまだ海外旅行は検査や手続きが必要で面倒だし、何よりわが家には生後4ヵ月になったばかりの仔犬がいるので、今年ものんびりイギリス国内を旅することにしました。

そこで今回は先日、訪ねたコッツウォルズ北部の人気観光スポット「スノーズヒル・マナー&ガーデン(Snowshill Manor and Garden)」を紹介します。
夏は多くの観光客でにぎわうコッツウォルズも冬支度が始まる今の時期はとても静かで落ち着いていて、また違った雰囲気です。
営業時間や見学ができる場所なども異なるので、この時期に訪れる際の参考になればと思います。

■ 収集家チャールズ・ウェイドの世界観が楽しめる「スノーズヒル・マナー&ガーデン」
コッツウォルズ北部の村スノーズヒル(Snowshill)の丘の上に建つスノーズヒル・マナー&ガーデンはコッツウォルズ丘陵を一望できる庭園が人気のマナーハウスです。
その歴史はとても古く、821~1539年まではウィンチカム修道院の所有でしたが、英国王ヘンリー8世が没収後、彼の6番目の妻キャサリン・パーに贈ったことで王室ゆかりの場所となった時期もありました。
現在の建物は1550年頃に建造されたものとされます。
そして、1919年に荒廃していた館を建築家で収集家としても知られたチャールズ・ウェイドが買取り、彼のコレクションで埋め尽くしました。
現在は景観保護団体ナショナル・トラストに譲渡され、彼が手がけた庭も含めて、一般公開されている人気の観光施設です。
IMG_0807.jpg

見学は駐車場に隣接するビジター・レセプション&ショップからスタート。
受付時にチケットとなる散策マップを受取ります。(表紙に入場日時と人数を記載)
IMG_2162.jpg

入口からマナーハウスまでは整備されたフットパスを片道10分ほど歩きます。
IMG_0739.jpg

フットパスは果樹園へと続き、左に庭園やマナーハウスが見えてきました。
IMG_0743.jpg

そして、庭園出口のゲート前を通過し、マナーハウスの入口へ。
IMG_0751.jpg

入口でスタッフさんにチケットを提示し、入場。
マナーハウスの最後のオーナー、チャールズ・ウェイドのポートレートも出迎えてくれました。
IMG_0753.jpg

西インド諸島のプランテーション事業で財を成した父親から莫大な遺産を相続したチャールズ・ウェイドは趣味の工芸品収集に没頭し、コレクションをマナーハウスに展示します。
IMG_0754.jpg

アジア諸国のお面や人形、中国の仏壇や家具、日本の甲冑、さまざまなデザインの時計や食器、楽器、自転車、昆虫の標本など、まったく統一感がない、何でもありのコレクションはその数、なんと2万点以上!!
IMG_0759.jpg

ただ部屋によっては演出なのか? 照明が暗く、怪奇の館のようなエキセントリックな雰囲気も漂い、コレクションのテイストについては好みが分かれそうです。
IMG_0756.jpg

展示物についての説明書きなどはほとんどなく、質問があれば、各部屋で案内をされているボランティアスタッフさんにうかがうことができます。
私が日本人だと気づいたスタッフさんが「日本の甲冑は17~19世紀のものが全部で26体。そのうち1体が1階、ほかはすべて2階に展示されていますが、いまはお見せできないんですよ」と申し訳なさそうに教えてくれました。
残念ながら、オフシーズン中(11月~3月)は1階のみ見学が可能で2階に上がることはできないようです。
それでも、チャールズ・ウェイドの幅広いコレクションは1階部分だけでも十分見応えがありました。
IMG_0771.jpg

1階の最後の部屋は中世のイギリスらしい造りがそのまま残るダイニングルームです。
すでに電気もあった時代でしたが、チャールズ・ウェイドは石油ランプやロウソクの灯を好んだらしく、マナーハウスには彼の独特の世界観が詰まってます。

ただ、チャールズ・ウェイドが実際に生活していたのはマナーハウスではなく、司祭の家(The Priest's House and the workshop)と呼ばれる隣のコテージだったようです。
IMG_0773.jpg

もちろん、コテージ内も彼のコレクションで装飾されていて、リビングやダイニング、寝室、バスルームなどがほぼ当時のまま残されています。
IMG_0782.jpg

IMG_0781.JPG

IMG_0778.jpg

コテージを見学後、いよいよガーデンへ。
まずはコッツウォルズ丘陵を一望できる中庭に出ます。
IMG_0784.jpg

ウェル・コート(Well Court)と呼ばれる納屋のような建物が中庭を囲うように建っていて、「ウェイド・ブルー」と呼ばれるチャールズ・ウェイドが好んだターコイズ・ブルーの装飾も各所で見られます。
IMG_0788.jpg

また広い敷地内にはチャールズ・ウェイドが造ったミニチュアの模型ビレッジもありました。
ただマナーハウス同様、オフシーズン中は一部にカバーがかけられているなど、全体を見ることはできません。
IMG_0793.jpg

そして、春から夏にかけて色鮮やかな花々が咲き誇る人気の庭園はいくつかの区画に分かれていますが、いずれも自然に溶け込むようさまざまな花や草木が植栽されています。
庭園の一画にはキッチンガーデンと名づけられた畑もありました。
IMG_0795.jpg

最後に果樹園を通り抜けて、庭園出口へ。
ウェイド・ブルーのゲートを通り抜けるとフットパスです。
IMG_0797.jpg

フットパスからは羊たちが草を食むのどかな田舎風景も楽しめました。
IMG_0799.jpg

復路はコッツウォルズ丘陵を見下ろす眺めのいいカフェの前を通るので見学後の休憩におすすめです。
IMG_0802.jpg

こうして、スノーズヒル・マナー&ガーデンの見学は終了。
コッツウォルズ北部には他にもヒドコート・マナー・ガーデン(Hidcote Manor Garden)やキフツゲート・コート・ガーデン(Kiftsgate Court Garden)など人気の庭園がありますが、異色のマナーハウスとして、スノーズヒル・マナー&ガーデンは興味深い場所です。
ただし、11月から3月までのオフシーズンは土日以外は閉園されていることが多いので、訪れる際には事前にウェブサイトで確認されることをおすすめします。

■ スノーズヒル・マナー・&ガーデンへの行き方
・ ロンドン・パディントン(London Paddington)駅から鉄道でモートン・イン・マーシュ(Moreton-in-Marsh)駅へ(約1時間30分)。
・ モートン・イン・マーシュから1番バス(Stratford-upon-Avon行き)でブロードウェイ(Broadway)へ(約25分)。
・ ブロードウェイ村からスノーズヒル・マナー&ガーデンまでは約4km。タクシーで5~6分、徒歩で約1時間。

■ Snowshill Manor and Garden
・ 住所: Snowshill, Broadway WR12 7JU
・ URL: https://www.nationaltrust.org.uk/snowshill-manor-and-garden

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員のキャノン 純子 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員
名前:キャノン 純子 さん

キャノン 純子 さん

大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

ウェルシュプール特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ウェルシュプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウェルシュプール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 晩秋のコッツウォルズを訪ねて①「スノーズヒル・マナー&ガーデン」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について