トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 【北ウェールズ】 トレリウ村の老舗ウール・ブランド「トレリウ・ウールン・ミルズ」

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員ブログ

【北ウェールズ】 トレリウ村の老舗ウール・ブランド「トレリウ・ウールン・ミルズ」

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年8月24日

Sut Mae!(シュマイ!こんにちは!)

先日、ロンドンに赴任されたばかりで初めてのウェールズ旅行を楽しまれているという日本人ファミリーにお会いしました。
そこで、ウェールズの印象は??とうかがったところ、「羊がいっぱい!」と小学生くらいの娘さんが即答(笑)でも、そのとおりなんです!
ウェールズの田舎を訪れた人がまず驚くのが、羊の多さ。
実際、人口よりも羊の数の方が多く、少し町を出ただけで羊たちが草を食むのどかな風景が広がります。
IMG_6893.jpg
▲ ウェールズの素朴な村の風景

今回はそんな牧羊が盛んなウェールズならではの老舗羊毛工場を紹介します。
スノードニア国立公園近郊の村「トレリウ(Trefriw)」にある日本ではあまり? 知られていないウール・ブランド「トレリウ・ウールン・ミルズ(Trefriw Woolen Mills)」は珍しいウェルシュデザインの羊毛製品や旅の思い出になるものを探したい方におすすめの場所です。

■ 1859年創業の老舗ウェルシュ・ウール・ブランド「Trefriw Woolen Mills」
スノードニア山間部にあるゲイリオニズ湖(Llyn Geirionydd)から流れ込むクラフナント川(Afon Crafnant)の豊富な水で水車を回し、その動力で羊毛を紡いだのが「トレリウ・ウールン・ミルズ」の始まりです。
もともと村にあった羊毛工場のひとつを1859年に創業者トーマス・ウィリアムが買収し、以来30年以上稼働し続けました。その後も親戚が跡を継ぎ、家族経営で現ブランドを確立。現在は5代目ウィリアム氏が村で唯一となった工場を守り続けてます。
IMG_6896.jpg
▲ 老舗ウェルシュ・ウール・ブランド「Trefriw Woolen Mills」本社工場

ここでは稼働中の工場で原毛から美しい色の毛糸になる加工工程や製品にする作業工程を無料で見学することができます。(2021年8月現在、一部閉鎖中)
また、作業場の一部がガラス張りになっていて、窓越しに見ることができるほか、各セクションごとにモニターや展示パネルなどわかりやすい解説が用意されています。
IMG_6909.jpg
▲ 織機が並ぶウィービング(織り)のセクション

英語とウェールズ語表記の案内には、原毛 → カーディング(毛をすいて、繊維の方向をそろえる)→ 撚り糸 → スピニング(2本以上の糸を合わせる)→ 洗浄 → 染色 → ウィービング(織り)の順で加工工程が説明されていました。
IMG_6911.jpg
▲ 羊の原毛からラノリンという油分を除去する作業場

原毛や各加工段階の毛糸も見本として展示されているので、実際に触れることができます。
IMG_6913.jpg
▲ 原毛や毛糸の見本

そして、広い店内には豊富な品揃いの織物製品が並んでます。
ウェールズの伝統的なパターンを用いたタペストリー織のベッドカバーやテーブルクロスはリバーシブルで使用できて、柄も素朴で人気があります。
ツイード生地や絨毯、素朴なデザインのセーターや手織りのスカーフ、小物など......ぜひ、お気に入りの一品を探してみてください。
IMG_6900.jpg
▲ スカーフや帽子、財布などの小物コーナー

IMG_6905.jpg
▲ タペストリー織りの膝掛け£80、ベッドカバー£245~など

■ Trefriw Woolen Mills
・ 住所: Main Road, Trefriw LL27 0NQ
・ URL: https://www.t-w-m.co.uk/



トレリウ村には"妖精の滝"と呼ばれるかわいらしい滝「フェアリー・フォールズ(Fairy Falls)」やウェールズの王子によって1230年頃に設立されたとされる石造りのセント・メアリー教会(15~16世紀に再建、19世紀に復元)など、ほかにも見どころがあります。


IMG_6925.jpg
▲ 妖精の滝「フェアリー・フォールズ」




IMG_6936.jpg
▲ セント・メアリー教会




また、村のはずれにはローマ軍によって発掘されたとされる鉱泉もあり、ヴィクトリア時代から"スパ・ウォーター"として販売されていたのだとか。
現在も鉱泉が湧き出る洞窟のある「トレリウ・ウェルズ・スパ(Trefriw Wells Spa)」では"スパトーン(SPATONE)"という鉱泉を使った製品が販売されてます。



■ トレリウ村への行き方

・ ロンドン・ユーストン(London Euston)駅から鉄道でクルー(Crewe)駅で乗り換えてスランドゥドゥノ・ジャンクション(Llandudno Junction)駅へ(約3〜4時間)。

・ スランドゥドゥノ・ジャンクションからベトッス・ア・コイド行き19番バス(途中、コンウィも通過)でトレリウ・ウールン・ミルズ前のバス停Memorialへ(約35分)。



ウェールズの田舎でのんびり過ごしたい方にぜひ訪ねてほしいおすすめの村です。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員のキャノン 純子 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員
名前:キャノン 純子 さん

キャノン 純子 さん

大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

ウェルシュプール特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ウェルシュプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウェルシュプール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 【北ウェールズ】 トレリウ村の老舗ウール・ブランド「トレリウ・ウールン・ミルズ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について