トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 【ウェールズのフットパスを歩く】 スノードニア国立公園の玄関口「ベトッス・ア・コィド村」

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員ブログ

【ウェールズのフットパスを歩く】 スノードニア国立公園の玄関口「ベトッス・ア・コィド村」

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年7月30日

Sut Mae! (シュマイ!こんにちは!)
先日、久しぶりに北ウェールズのスノードニア国立公園へキャンプに行ってきました。
夏休みに入り、スノードン山周辺のキャンプ場は平日にもかかわらず、どこも予約が困難で、運よく滞在できたのが国立公園の玄関口とされる村「ベトッス・ア・コィド(Betws-y-Coed)」です。
コンウィ川とその支流がゆったり流れる緑豊かな渓谷でのんびり森林浴とウオーキングを楽しんできました。
そこで今回はスノードニア観光の拠点として、人気の村「ベトッス・ア・コィド」を紹介します。
いまだ新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっていますが、事態が収束したらぜひ訪れてほしいウェールズのおすすめの場所です。
IMG_6783.jpg
▲ ベトッス・ア・コィド駅前の案内標識

■ スノードニア国立公園の玄関口「ベトッス・ア・コィド」
ウェールズ語で"森の中の祈りの家"を意味する「ベトッス・ア・コィド」はスノードニア国立公園の東に位置する人口600人ほどの小さな村ですが、ロンドンとホリーヘッドを結ぶ歴史ある幹線道路A5号線が中心部を通り、鉄道駅もあることから、スノードニア国立公園の玄関口として、いつもレジャー客でにぎわっています。
IMG_6774.jpg
▲ 観光案内所&スノードニア国立公園管理事務所

自然に囲まれたベトッス・ア・コィドにはたくさんのフットパスがあり、初心者や家族連れでも気軽にウオーキングを楽しむことができます。
IMG_6750.jpg
▲ ベトッス・ア・コィドの案内板

そして、ウオーキング途中に渓谷の岩場や川辺で水遊びや休憩ができるのもこの村の魅力です。
IMG_6751.jpg
▲ 夏は水浴びを楽しむこどもたちでにぎわう渓谷。早朝の散策がおすすめ

また村には19世紀に建てられた石造りの建物や橋が多く残り、いまでも現役で活躍。どれもフォトジェニックで散策しながら撮影も楽しめます。
IMG_6739.jpg
▲ 1500年頃に建設されたとされるポン・イ・ペア橋。19世紀に現在の幅へ拡張

そして、ウェールズで最も古く4世紀には木造だったとされ、村の名前の由来でもある"森の中の教会"こと「セント・メアリー教会(St Mary's Church)」も見どころのひとつ。夏の夜にはクワイア・コンサートも催され、静かな森に厳かな歌声が響き渡ります。(毎日曜20時:2021年7月現在催行は中止されています)
IMG_6725.jpg
▲ ウェールズ最古の教会「St Mary's Church」

駅前や大通りにはホテルやB&B、カフェや土産店が建ち並び、ショッピングや食事を楽しむ人たちでいつもにぎわってます。トレッキングやサイクリング、キャンプなどを目的に来る人が多いのでアウトドア向けのショップも充実。リーズナブルな休暇を過ごすつもりがついつい散財してしまいます。
IMG_6770.jpg
▲ 老舗土産店「ANNA DAVIES」と老舗ホテル「ROYAL OAK HOTEL」(写真左)

そんなレジャー客でにぎわう村でも、フットパスの標識に従いながら10分ほど歩くだけで静けさを取り戻し、大自然に囲まれたカントリーウオークが始まります。
IMG_6829.jpg
▲ ベトッス・ア・コイドから隣村カペル・クリグ(Capel Curig)へと続くフットパス

IMG_6822.jpg
▲ ベトッス・ア・コイド方向を指すフットパスの標識

そして、私たちが今回目指した先はベトッス・ア・コイドから約5km西にある名物ティールーム「ティ・ヒス(Ty Hyll)」、英語名「アグリー・ハウス(The Ugly House)」。"醜い家"と呼ばれるティールームです。
次回はこの名前をいい意味で裏切ってくれている素敵なティールーム「アグリー・ハウス」を紹介します。

■ ベトッス・ア・コイドへの行き方
・ ロンドン・ユーストン(London Euston)駅から鉄道でクルー(Crewe)駅で乗り換えてスランドゥドゥノ・ジャンクション(Llandudno Junction)駅へ(約4時間)。
・ スランドゥドゥノ・ジャンクションからベトッス・ア・コイドへは「Blaenau Ffestiniog」行きの鉄道(約30分)またはT19番バス(約45分)を利用。

■ Betws-y-Coed Information Centre
・ 住所: Royal Oak Stables, Betws-y-Coed LL24 0AH
・ URL: https://www.snowdonia.gov.wales/visiting/local-information




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員のキャノン 純子 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員
名前:キャノン 純子 さん

キャノン 純子 さん

大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

ウェルシュプール特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ウェルシュプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウェルシュプール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 【ウェールズのフットパスを歩く】 スノードニア国立公園の玄関口「ベトッス・ア・コィド村」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について