トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 【ウェールズ】2週間の短期的ロックダウン「ファイヤーブレイク」の実施へ!

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員ブログ

【ウェールズ】2週間の短期的ロックダウン「ファイヤーブレイク」の実施へ!

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年10月19日

Suet Mae!(シュマイ!こんにちは!)
新型コロナウイルスの第2波が深刻なイギリスでは、ウェールズで2週間の短期的なロックダウン「ファイヤーブレイク(Firebreak)」が実施されることになりました。
2020年10月23日金曜日の18時から、11月9日月曜日未明まで、ウェールズ全体で生活必需品を扱わない店やレストラン、ホテルなどが営業禁止となり、必要不可欠な外出も禁じられます。また、屋外であっても同居していない人とは会うことも禁止され、再び、"ステイ・ホーム(Stay Home)"の生活となります。

先週末、ウェールズのマーク・ドレイクフォード首席大臣は会見で「新型コロナウイルスの急速な感染拡大に対応するため、これまでとは異なる政策と行動が必要である」と述べ、翌週から新たなコロナ対策として、厳しい制限措置を導入することを示唆しました。
続けて、制限措置の期限や詳細については19日に発表するとしました。
このニュースが伝わると私が勤務するレストランのスタッフたちも「いったい、どうなるのか......」と落ち着かない様子でしたが、終業時にはマネージャーから「来週は再ロックダウンが実施されるようだから、週末は駆け込み客で忙しくなるよ! 覚悟してね!」と休業に関する案内ではなく、心強い? 激励がありました(笑)

そして、本日(19日)の午後、ドレイクフォード首席大臣は2週間の短期的なロックダウン「ファイヤーブレイク」を10月23日の18時から実施すると発表しました。
IMG_2248.JPG
画像提供:ウェールズ自治政府公式ウェブサイト(www.gov.wales)

さて、短期的なロックダウンを行う今回の政策をウェールズ自治政府は「ファイヤーブレイク」と呼び、ウェールズ全体に"短く"そして"鋭く"実施するコロナウイルスの制御を取り戻すための策であると説明。経済への影響を最小限に抑えつつ、感染拡大の連鎖を断ち切る効果があるとしました。
欧州全体で再び、新型コロナウイルスの感染が急速に広がったのを受け、各国がいろいろな対策を講じるなか、ウェールズではこれまで「再ロックダウンに経済が耐えられない」といった声もあり、制限措置の導入は専門家の間で意見が分かれていましたが、コロナウイルスによる入院患者が日々、増加傾向にあるなか、NHS(国民保険サービス)の崩壊を防ぐためには短期的ロックダウンの実施が必要不可欠であると判断したようです。

11月9日月曜日には制限措置が解除されるとのことですが、さて、どうなるのか......。
とりあえず、2020年のハロウィン(10月31日)は"ステイホーム"の静かな1日になりそうです。
皆様もどうか健康に気をつけて、安全にお過ごしください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員のキャノン 純子 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員
名前:キャノン 純子 さん

キャノン 純子 さん

大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

ウェルシュプール特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ウェルシュプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウェルシュプール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 【ウェールズ】2週間の短期的ロックダウン「ファイヤーブレイク」の実施へ!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について