トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > ウェールズの大自然を満喫!ブレコン・ビーコンズ国立公園で人気の乗馬体験「ポニー・トレッキング」

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員ブログ

ウェールズの大自然を満喫!ブレコン・ビーコンズ国立公園で人気の乗馬体験「ポニー・トレッキング」

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年9月30日

Suet Mae!(シュマイ!こんにちは!)
9月も最終日を迎え、ウェールズはすっかり秋も深まり、しっとりとした美しさが楽しめる季節となりました。
今日は朝から雨が降りつづいていたため、"読書の秋"と称し、家でゆっくり本を読んで過ごしましたが、爽やかな秋晴れの日には自然の中でウォーキングやサイクリング、ゴルフなど"スポーツの秋"を楽しみたくなります。
そこで今回は、ウェールズのブレコン・ビーコンズ国立公園で初心者も気軽に体験できる人気のアクティビティ、「ポニー・トレッキング」をご紹介します。
新型コロナウイルスがいまだ猛威をふるっていますが、収束したらぜひ訪れてほしいおすすめの場所です。
IMG_9734.JPG
▲ ブレコン・ビーコンズ国立公園のポニー・トレッキング体験

■ 南ウェールズの自然の宝庫「ブレコン・ビーコンズ国立公園」
ウェールズ中部から南部にかけて広がる「ブレコン・ビーコンズ国立公園(Brecon Beacons National Park)」は4つの山脈からなり、滝が点在する緑豊かな渓谷や美しい湖、シダの生い茂る谷や神秘的な鍾乳洞など、魅力あふれる大自然の宝庫です。
ロンドンから車で3〜4時間で訪れることができるのでキャンプはもちろん、ハイキングやクライミング、サイクリングや乗馬などの様々なアウトドア活動を気軽に楽しめる場所として人気があり、週末や行楽シーズンには多くの人でにぎわいます。
IMG_9811.JPG
▲ ブレコン・ビーコン国立公園のスタンディング・ストーンズ


■ 乗馬に最適!ウェールズ原産の「ウェルシュ・ポニー」

ウェールズには乗馬に最適とされるウェールズ原産の「ウェルシュ・ポニー&コブ(Welsh Pony&Cob)」がいます。

山地や荒野に生息していた野生のポニーを祖先とし、ローマ人が持ち込んだ東洋の種馬と交配させたのがウェルシュ・ポニーの始まりといわれていて、紀元前1600年頃には祖先がいたとされる、とても歴史ある品種です。

温和で人に従順なウェルシュ・ポニー&コブは大きさによって、4つの種類に分類されていますが、小型のものは子供や小柄な女性の乗用馬として人気があります。
IMG_0389.jpg
▲ ウェールズ原産のウェルシュ・ポニー&コブ


■ 6歳からOK!初心者にもおすすめの乗馬体験「グランジ・ポニー・トレッキング」
ウェールズにはビジターでも気軽に乗馬を楽しめる場所が数多くあり、それぞれ独自の乗馬体験コースを用意しています。
ブレコン・ビーコンズ国立公園東部、ブラック・マウンテンズの山麓にある「グランジ・ポニー・トレッキング・アンド・アコモデーション(The Grange Pony Trekking and Accommodation)」もそのひとつで乗馬用に訓練された温和なポニーと経験豊かなインストラクターが揃った宿泊も可能な乗馬施設です。
IMG_9641.JPG
▲ ブレコン・ビーコンズ国立公園にある乗馬施設「グランジ・ポニー・トレッキング・アンド・アコモデーション」

今回、おすすめするポニー・トレッキングは6歳から参加できて、初めての方にも安心の半日体験(Harf-Day Treks)です。
グランジ・ポニー・トレッキングでは通常、午前(10:00〜13:00)または午後(13:30〜16:30)の1日2回、約2時間の外乗が楽しめる半日ツアーを催行。
事前にメールまたは電話での予約が必要ですが、予約の状況次第で当日の参加申込みも対応してくれます。
また、当日は受付で乗馬経験の有無や身長、体重、既往歴、緊急連絡先などの質問事項が記載された用紙への回答の記入と署名が必要となります。
IMG_9800.JPG
▲ 「グランジ・ポニー・トレッキング・アンド・アコモデーション」の受付

受付を済ませたあとは貸し出しのヘルメットを装着し、いよいよ厩舎へ。
スタッフが参加者の体型や経験値に合わせて、ポニーを選んでくれます。
IMG_9650.JPG
▲ 厩舎で参加者のポニーを選ぶスタッフ

もちろん、乗馬前には同行のインストラクターから、ツアーの注意事項や乗馬の手順、基本的なポニーの操作方法や頭絡、鞍など馬具についての説明があり、参加者全員が理解したかどうか、不明な点がないことをしっかり確認します。
IMG_9658.JPG
▲ 乗馬前にツアー参加者へ説明するインストラクター

そして、いよいよ、約2時間のトレッキングがスタート!
インストラクターが先頭で動き始めると、参加者を乗せたポニーたちは慣れた様子で列を作り、あとに続きます。
厩舎を出発した瞬間から、目の前には緑豊かなブレコン・ビーコンズ国立公園の大自然が広がり、緊張も一気にワクワクへと変わります。
IMG_9675.JPG


途中、通過する渓谷ではポニーたちが水を飲んでしばしの休憩。参加者たちもそれぞれ撮影を楽しむことができます。
IMG_9691.JPG


放牧されている羊もポニーには慣れた様子で動じることなく、のんびり草を食べてます。
IMG_9696.JPG


グランジ・ポニー・トレッキングの半日コースでは通常、ブラック・マウンテンズの中腹まで上がるそうで、この日もゆっくりしたペースで徐々に山腹を上がりました。
IMG_9715.JPG


そして、ブラック・マウンテンズの中腹からはブレコン・ビーコンズ国立公園の雄大な自然と絶景のパノラマが満喫できます。
IMG_9740.JPG


復路では一度、下馬して、引き馬も体験。そして、再度、乗馬し、往路と異なるルートでトレッキングを続行。最後まで飽きることなく、乗馬が楽しめます。
IMG_9773.JPG


トレッキングを終えたあとは各自でポニーを厩舎の指定場所に戻して、乗馬体験は終了。

今回の半日ポニー・トレッキング、2020年の体験料金はヘルメットのレンタル付きで£40(約5500円)。
グランジ・ポニー・トレッキングでは他にも、1日体験(Day Treks)やプライベートレッスン、宿泊付きのパッケージプランなどがあり、どれも日本やロンドン近郊の乗馬クラブに比べ、お値打ちに外乗が楽しめます。
料金や各プランの詳細は公式ウェブサイトでご確認ください。
また、受付担当のジェシカさんは日本で1年間、英語教師として働いたこともある親日家でとてもフレンドリーな方です。英語でのやりとりにはなりますが、親切に対応してくれますのでいつでも気軽にお問い合わせください。

■ グランジ・ポニー・トレッキング・アンド・アコモデーションへの行き方
・ ロンドン・パディントン駅から列車で約3時間(ニューポート駅乗り換え)、アバガヴェニー駅下車。
・ アバガヴェニー駅から車で約40分。

グランジ・ポニー・トレッキングの周辺には「古本の町」として知られるヘイ・オン・ワイもあります。
南ウェールズへお越しの際にはぜひブレコン・ビーコンズ国立公園とともにお訪ねください。
1日でも早くこの事態が収束し、また安心して旅行できる日がくることを心より願います。

■ The Grange Pony Trekking and Accommodation
・ 住所: Capel-Y-Ffin, Nr Abergavenny, Monmouthshire, Wales NP7 7NP
・ 公式ウェブサイト: http://www.grangetrekking-wales.co.uk/2076777.html

撮影協力:The Grange Pony Trekking and Accommodation

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員のキャノン 純子 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員
名前:キャノン 純子 さん

キャノン 純子 さん

大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

ウェルシュプール特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ウェルシュプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウェルシュプール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > ウェールズの大自然を満喫!ブレコン・ビーコンズ国立公園で人気の乗馬体験「ポニー・トレッキング」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について