トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』の舞台、港町ポート・アイザック

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員ブログ

映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』の舞台、港町ポート・アイザック

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年4月 5日

Sut Mae! (シュマイ!こんにちは!)

今回もイギリス南西部、コーンウォール地方の町をご紹介します。
2020年1月に公開された映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』(原題:Fisherman's Freinds)の舞台となった、ポート・アイザックはガイドブックにもあまり載っていないコーンウォールの小さな港町ですが、夏には青い海と丘陵地の絶景を求めて、多くの人々が訪れる風光明媚な観光地です。
portissac3.jpg
▲映画の撮影に使われたコテージ(左手前)

■実在する漁師たちのコーラスグループ"フィッシャーマンズ・フレンズ"
ポート・アイザックの現役漁師たちがコーンウォール地方に昔から伝わる舟歌や民謡を歌うコーラスグループ"フィッシャーマンズ・フレンズ"は、慈善事業の資金集めを目的に1995年に結成されました。
そして、音楽マネージャのイアン・ブラウンとの出会いによって、2010年にメジャーデビュー。
ファーストアルバム「Port Isaac's Fisherman's Freinds」が全英チャートでトップ10入りしたことで大きな話題となりました。
お揃いのPコートにジーンズ、足元にはワークブーツのいかつい漁師たちが力強い歌声で奏でる美しいハーモニー。
そのビジュアルとのギャップも受け、アルバムはその年のゴールデンディスクに輝きました。
そんな彼らが巻き起こす奇跡のサクセスストーリーを映画化した『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』は、イギリスで公開されると、瞬く間に大ヒットを記録。ロングラン上映もされ、すでに続編の製作が決定しているそうです。
現在もポート・アイザックでは、この"フィッシャーマンズ・フレンズ"が精力的に活動し、コーンウォール地方だけでなく、イギリス各地へ美しい歌声を届けています。
運がよければ、彼らの生歌が聞けるかもしれません。

Fisherman's Friends公式Webサイト: https://thefishermansfriends.com

■中世の面影が残る港町、ポート・アイザック
ポート・アイザックの町は14世紀初めからあるといわれています。
狭く曲がりくねった通りには、古い白塗りのコテージや伝統的な花崗岩、スレートで覆われたコーニッシュ様式の古い家が建ち並び、その多くは建築的または歴史的建造物に指定されています。
portissac4.jpg
▲古い白塗りのコテージやコーニッシュ様式の家が建ち並ぶメインストリート

町は19世紀中頃まで石炭や木材、陶器、スレートなどの輸出入が盛んでしたが、鉄道の出現によって需要が減り、そのあとは漁業が中心となりました。
portissac7.jpg
▲映画にも登場するポート・アイザック・フィッシャーマン有限会社

そして、手つかずの自然と美しい中世の港町の面影を残すポート・アイザックは映画やテレビシリーズの撮影場所として使われるようになり、近年ではイギリスの人気ドラマシリーズ、『ドクター・マーティン』(Doc Martin/2004〜2019年)の架空の村ポート・ウェンとして撮影されたことでも知られています。
町にはドラマで診療所や学校として、実際に使われたコテージやホテルがあり、宿泊もできるのでファンには人気があるようです。
portissac2.jpg
▲診療所として使われたコテージ前からの眺め。何度もドラマに登場するおなじみの景色

町の中心地は通りが狭いため、通常、車で訪れる場合には丘の上にある有料駐車場を利用し、町まで歩くことになりますが、駐車場から続く遊歩道は美しい海岸線を望めるビューポイントにもなっていておすすめです。
また夏には港から、釣りやミニクルーズが楽しめる観光船も出航し、観光客に人気があります。
portissac6.jpg
▲映画で何度も登場する町の中心、ポート・アイザック港。フィッシャーマンズ・フレンズの夏期野外ライブは「プラット」と呼ばれるこの浜辺で開催

町を散策するだけでも楽しめますが、パブやレストランで新鮮なシーフードの食事やティールームでコーンウォール産の牛乳を使ったコーニッシュアイスクリーム、クリームたっぷりのスコーンなどもおすすめです。

portissac8.jpg
▲名物コーニッシュアイスクリーム

■ポート・アイザックへの行き方
ロンドン・パディントン(Paddington)駅から、ボドミン・パークウェイ(Bodmin Parkway)まで列車で約4時間(列車によっては途中、Plymouth駅にて乗り換えあり)。
ボドミン・パークウェイからは10番バスでポート・アイザックへ。(途中、The PlattにてCamelford行きの同じく10番バスに乗り換えあり)
ポート・アイザックの土産店ピー・ポッド(The Pea Pod)前にて下車。(約1時間30分)
ピー・ポッドのバス停から、町の中心、港までは約350m、徒歩5分程です。
※曜日や時間帯によって、推奨ルートは変わります。

■映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』のストーリー
イギリス南西部のコーンウォール地方にある小さな港町ポート・アイザック。
この地に仕事仲間と旅行で訪れた音楽マネージャーのダニーは、漁師たちのコーラスグループ「フィッシャーマンズ・フレンズ」のライブを偶然見かけ、上司から彼らとの契約を命じられて、ポート・アイザックに居残ることに。
滞在する民宿の女主人オーウェンはダニーの失言に敵意をむき出しにしていたが、ダニーの音楽への熱い情熱に次第に心を動かされていく。
やがて「フィッシャーマンズ・フレンズ」と無事に契約を果たしたダニーだったが......。
人生には歌とビールとちょっぴりのユーモアが欠かせない。本物の音楽に価値観をひっくり返された男の成長と、海の男たちの熱い絆が爽快な人生賛歌。イギリスの港町ポート・アイザックから上陸!(公式サイトより一部引用)

・タイトル: 『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』
・原題: Port Isaac's Fisherman's Friends
・監督: クリス・フォギン
・出演: ダニエル・メイズ、ジェームズ・ピュアフォイ、デビッド・ヘイマン、デイブ・ジョーンズ
・公開: 2020年1月10日(2019年製作/イギリス)
・配給: アルバトロス・フィルム
・公式Webサイト: https://fishermans-song.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員のキャノン 純子 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ウェルシュプール特派員
名前:キャノン 純子 さん

キャノン 純子 さん

大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

ウェルシュプール特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ウェルシュプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウェルシュプール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ウェルシュプール特派員 > 映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』の舞台、港町ポート・アイザック

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について