トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ワイマール特派員 > ワイマールで玉ねぎ祭り2018年が開催されました。

ドイツドイツ/ワイマール特派員ブログ

ワイマールで玉ねぎ祭り2018年が開催されました。

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年10月29日

以前告知した玉ねぎ祭り(ZwiebelMarkt)ですが、今年は10月12,13,14日に開催されました。今年は特に天気に恵まれ、昼間は上着要らずで楽しむことができました。2018年の玉ねぎ祭りの様子を報告させていただきます。
PA120461.JPG
シアター広場の様子です。いすがぎっしりと用意され食べ物や飲み物を楽しむ人で溢れています。この写真はお祭り初日のオープニング直後に撮ったものなので、まだそこまで混み合ってはいません。
そのままマルクトプラッツに向かって行くと、たくさんのお店が並んでいます。このシラー通り(Schiller Strasse)は食べ物よりも買い物メインの通りです。PA120462.JPG 例えばにんにくと玉ねぎのお店。
PA120463.JPG ドライフラワーのお店。
PA120464.JPG 野菜のお店。
PA120482.JPG
フレッシュ玉ねぎや生花もあります。
PA140518.JPG
今年は暑さが続いたので、玉ねぎがいつもより小さいそうです。そのため、こんなかわいい玉ねぎ人形を発見しました。玉ねぎ赤ちゃんです。
PA120481.JPG
子供達に大人気の風船もいたるところで売られていました。
PA120467.JPG
買い物の途中で今年の玉ねぎクイーンと新しく就任したてのワイマール市長さんに遭遇しました。声をかけたら一緒に写真を撮ってくれますが、私は遠慮しておきました。
PA130497.JPG
さて、今年はここテューリンゲンの名物であるMutzbratenを味わいました。大きな豚肉のグリルです。ザワークラウト(キャベツの酢漬け)と一緒にいただきます。いい具合に乗った脂が美味しかったです。7、5ユーロでした。
PA130504.JPG
こちらは今回食べれませんでしたが、人気のあった屋台です。マッシュルームのクリーム煮込みや定番の焼きソーセージ、南ドイツ名産のSchweinschaxe(骨付き豚のグリル)など人気のドイツ料理がそろっていました。たまねぎ祭りは、とにかくたくさんの種類の食べ物があるので食べ歩きだけでも三日間楽しめます。
PA130502.JPG
夜にはメタルコンサートやクラシックコンサートも行われている玉ねぎ祭りですが、昼間でいつも疲れて帰ってしまうので今年も見学できませんでした。観覧車は昼に乗っても夜に乗っても美しいワイマールの景色が楽しめるのでお勧めです。
PA120478.JPG
インターネットを見るともうすでに来年の日程が発表されていました。2019年の玉ねぎ祭りは10月11,12,13日だそうです。ドイツ旅行を計画中の方は是非、予定に入れてみてくださいね。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

サナ

ドイツ・ワイマール特派員のサナが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ワイマール特派員
名前:サナ

サナ

現在はドイツの田舎町ワイマールに在住。日本ではアロマテラピーを学びハーバルセラピストの資格を取得しながらハーブやアロマ、自然派のスキンケア商品の販売員をしていました。過去二年間オーストラリアでの生活を経験しながら、タイ、インドネシア、ハワイなど世界中旅をしてきました。昨年ラスベガスで入籍。バックパッカーを引退し今はドイツ語を習得するため語学学校に通っています。 DISQUS ID @disqus_sC7UwnZFqd

ワイマール特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ワイマールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワイマール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ワイマール特派員 > ワイマールで玉ねぎ祭り2018年が開催されました。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について