トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC3特派員 > あの有名な映画の題材となった像・・海兵隊戦争記念碑(硫黄島記念碑)

アメリカアメリカ/ワシントンDC3特派員ブログ

あの有名な映画の題材となった像・・海兵隊戦争記念碑(硫黄島記念碑)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年8月31日

先日、ワシントンDCで有名な観光地の一つである、海兵隊戦争記念碑(硫黄島記念碑)に行ってきました。


この像は、クリント・イーストウッドが監督した、映画「父親たちの星条旗」の題材となった像なので、この映画を見たことがある人は是非訪れて欲しい場所です。


またこの像は、太平洋戦争で激戦が繰り広げられた硫黄島でのアメリカ海兵隊の活躍を記念した物で、3年以上
の月日をかけ、1954年に完成しました。実際に硫黄島の戦いで、硫黄島で最も高い摺鉢山の頂上に、海兵隊が
アメリカ国旗を掲げたのですが、1回目は旗が小さすぎたので、もう一度登って大きな旗に差し替えたそうです。
その旗をかかげる光景を映した写真は、のちにピュリッツァー賞をとるなど非常に有名となっていますが、
それがこの記念碑の基となっています。


さて、実際の記念碑ですが、まず非常に大きいことに驚きます。人物の部分は約10メートルあるそうです。
IMG_5353.JPG
また、顔の表情など細部まで精巧に作られています。
IMG_5354.JPG
これだけ躍動感のある記念碑を見る機会はなかなか無いのではないでしょうか。


行き方ですが、地下鉄だとロズリン駅が最寄りとなり、歩いて15分程の距離です。駅から遠くないのですが、
車道と歩道が入り組んでいて少し歩き辛いので注意してください。また、駐車場もあるので、レンタカーを借り
ている方は車で行くのもいいですし、ワシントンDC市内からそれほど遠くないので、タクシーやウーバーで行く
のもいいでしょう。記念碑の近くに飲食店などは無いので、地下鉄を使って行く方は、水や軽食をロズリン駅
周辺で購入したほうがいいです。


この記念碑周辺のホテルはワシントンDC市内と比べると若干安いので、この周辺に宿泊し、夕日をバックにした
記念碑や、夜にライトアップされた記念碑を眺めるのもいいかもしれません。ワシントンDCに宿泊するのであれ
ば、この記念碑は先日全米一有名な墓地!アーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery) で紹介したアーリントン国立墓地とワシントンDCの間にあるので、アーリントン国立墓地の観光のついでに寄ることをおススメします。


海兵隊戦争記念碑(硫黄島記念碑)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

momoko

アメリカ・ワシントンDC3特派員のmomokoが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC3特派員
名前:momoko

momoko

夫の仕事の関係でワシントンDCの隣に位置するヴァージニア州に在住。ワシントンDCや近隣の州は魅力的なスポットで溢れている為、期間限定のアメリカ生活を充実させるべく、見ごたえのある観光名所や、ガイドブックに載っていない穴場、美味しいレストランを焦って探索中。趣味は旅行。アメリカ滞在中はアメリカ国内や近隣国を旅行する予定。アメリカ横断も計画中。多くの旅行経験を活かし、旅行者目線のおススメ情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_6eBW4ST04v

ワシントンDC3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC3特派員 > あの有名な映画の題材となった像・・海兵隊戦争記念碑(硫黄島記念碑)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について