トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC2特派員 > 「アメリカ国立建築博物館」スミソニアン博物館・ワシントンDC

アメリカアメリカ/ワシントンDC2特派員ブログ

「アメリカ国立建築博物館」スミソニアン博物館・ワシントンDC

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年9月29日

今回は、数あるワシントンDCの博物館の中から「NATIONAL BUILDING MUSEUM(アメリカ国立建築博物館)」を紹介します。

NATIONAL BUILDING MUSEUM

ワシントンDCのスミソニアン博物館は入場料が無料のところがほとんどですが、中には有料の博物館もあります。
アメリカ国立建築博物館も有料で入場料は、大人$10、シニア(60歳〜)・子ども(3〜18歳)・学生(証明書要)は、$7です。

Building Museum1.jpg

HISTORIC BUIDING TOURS

入場料は有料ですが、無料のツアーが平日11時半・12時半・1時半に開催されています。
看板を目印に1階の広場へ開催時間に行くとツアーに参加できます。
(ツアーの申し込みは「ウェブサイト 」または、当日「インフォメーションデスク」で申し込み)

Building Museum1.jpg ツアー所要時間は45分間で4階のプライベートフロアーからの景色も楽しめる内容になってます。

(私が訪れた日は、11時半と12時半のツアーのみでしたが通常は1日3回開催されているようです)

Building Museum.jpg 建物の外観は、長方形のレンガ色でアメリカの学校のようなイメージで、中に入ると1階に小さな噴水があり広いスペースになっていて開放感があり見応えもあります。

その他2階、3階は長方形にくるくる回って各部屋の展示を巡るので、旅行中の限られた時間で、たくさん博物館巡りをしたい方は、足早に巡りやすい博物館だと思います。

Building Museum2.jpg

また、子ども連れの訪問の場合は、子どもが遊べるようなスペースや遊び場や、(ブロックで建物を作れるコーナーなど)広いスペースがあるのでゆったり家族で時間を過ごすことも可能です。

MUSEUM SHOP

1階にはミュージアムショップがあるのでお土産購入もオススメです。

Bulding Museum4.jpg (ロゴ入りマグカップ$10)

ACCESS

<アクセス>
メトロ最寄駅は、レッドライン「Judiciary Square」で地上に出ると、すぐ目の前の建物です。
場所は、ダウンタウンのチャイナタウンエリアで、NBAやアイスホッケーなどスポーツ観戦ができるCapital One Arenaもすぐ近くにあるので、このエリア観光の際は立ち寄って見るのも良いと思います。


アメリカ国立建築博物館
Webサイト
月〜土曜日 午前10時〜午後5時
日曜日 午前11時〜午後5時
(Building zoneは午後4時で閉鎖)

この場所をGoogleMapで確認する
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

IBIZA

アメリカ・ワシントンDC2特派員のIBIZAが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC2特派員
名前:IBIZA

IBIZA

2017年からワシントンDC在住。 2002年に初渡米。その後、ヨーロッパ・中東・アジアを旅行で行く中でも、最初に訪れたアメリカ東海岸に強い縁を感じ、アメリカ好きに。 趣味は写真撮影・ウォーキング・新しい場所に行くこと。 ワシントンDCの新たな魅力を発信します。 DISQUS ID @disqus_nR2q2zr1ga

ワシントンDC2特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC2特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC2特派員 > 「アメリカ国立建築博物館」スミソニアン博物館・ワシントンDC

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について