× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC2特派員 > 「Capitol Hill」の絶景360°の歩き方【ユニオンステーションからCapitol/DC観光名所編】

アメリカアメリカ/ワシントンDC2特派員ブログ

「Capitol Hill」の絶景360°の歩き方【ユニオンステーションからCapitol/DC観光名所編】

カテゴリー:お題 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年2月12日

ワシントンDC観光といえば、よくTVのニュースでも見ることの多いアメリカ連邦議事堂『キャピトル』や『ホワイトハウス』をまず連想する人が多いのではないでしょうか?

その他の観光名所だと『リンカーンメモリアル』、『ナショナルモール』、『ワシントンモニュメント(記念塔)』

"I Have A Dream"

の歴史的スピーチでも有名な『マーティン・ルーサーキング Jr メモリアル』と、それらの周辺に数多くある『美術館や博物館』だと思います。


c1.jpg (写真はCapitol

そして映画の撮影現場にも使用されたことのある『ユニオンステーション』もDCの主要駅で名所の1つです。

外観も歴史を感じ存在感ある立派な建物です。


C5.jpg (写真はユニオンステーション正面玄関の内側)


今回は、DCの観光名所『ユニオンステーションからCapitol Hillの歩き方』と写真撮影にオススメの場所を紹介します。

ユニオンステーションから外に出て遠くの景色をよく見ると、Capitolの頭の部分が見えています。目印になるので方向音痴な人でも安心です。

CC2.jpg

(写真はユニオンステーション正面から外の景色)

今回紹介するオススメの歩き方は所要時間約1~2時間の徒歩プランですが、あまり歩きたくない方や、さくっと観光したい場合は、写真の左矢印の方向に行くと駅の左端の道の先のコーナーが下り坂になっていてその場所にズラリとレンタル自転車の【Capitalbikeshare】があります。(駅の正面から外に出た場合は左方向で駅の正面へ向かう場合は右側方向です)

c4.jpg

(レンタル自転車を利用する場合、観光中に携帯電話の利用が可能な方は、LimeBikeのアプリを取得しておいて利用する方が今回の場合は便利です。理由は指定の返却スタンドがないダックレスなので返却場所を探す必要がなく効率が良いからです)

LimeBikeについて紹介した記事はこちら

→『DC観光者必見!新・CityバイクでアクティブにDCダウンタウンをスマートに移動しよう!』

https://tokuhain.arukikata.co.jp/washington_dc2/2017/09/citydc.html

そして忘れてはいけないのが写真撮影!

cc1.jpg

(写真はコロンブス広場)

ユニオンステーション正面玄関から外に出てCapitolの頭を確認し、タクシーやバスが通る道を渡ると【コロンブス広場】という大きな鐘の置物がある場所があります。この場所で鐘と、ユニオンステーションの外観を背景に撮影している人が多いのでオススメの撮影スポットです。

Capitol Hillに繋がる道は何本かありますが1番近道なのは、この広場の裏側から見える方向に【ローワー・セナート・パーク】がありパークを越えるとCapitolのすぐ近くの【ラッセル上院議事堂】が左側に見えます。

(1本、道が違うだけで遠回りになるので公園の中の道を抜けると間違いないです)

c11.jpg

(写真はラッセル上院議事堂)


ユニオンステーションからこのCapitol のすぐ近くまでの所要時間は写真撮影も含めて徒歩約15分


ここでオススメする歩き方は、Capitolに行く前にまず、この周りをぐるりと1周散策することです。理由は360°の違ったCapitolとCapitol Hillからの素敵な景色が楽しめるのと、『ラッセル上院議事堂』から時計周りに歩いていくと、『シュプリームコート(合衆国最高裁判所)』や『議会図書館』『レイバーンハウスオフィスビル』など見ごたえのある建物も周辺にあるからです。

C3.jpg

(↑写真はCapitol Hillを1周して見える景色の一部

一周しているとCapitolを背中にしてナショナルモールの先にあるワシントン記念塔の見える場所、

【ユリシーズ・S・グラント・メモリアル】に着きます。

c10.JPG

(写真は、Capitolを後ろ↑前↓にして立った時に見える景色)

前後の景色も絶景です。

c9.JPGのサムネイル画像

(写真はユリシーズ・S・グラント・メモリアルから見える景色)


マイペースに撮影しながら大きくぐるりと1周してCapitol ビジターセンターに到着までの所要時間は徒歩約45分。


C2.jpg

写真はCapitol ビジターセンター

ビジターセンターからの景色もとても綺麗です。初めて訪れた時、Capitolの頭のてっぺん部分をよくみると銅像のような人の形になっていたことを知らずに驚きました。

あと、ビジターセンターを探している人が多く何人かの観光者の方に行き方を尋ねられました。この場所は位置的に言うと先ほどのワシントン記念塔の見える場所【ユリシーズ・S・グラント・メモリアル】から反対側の方向にあります。

(最高裁判所のシュプリームコートがある方の方角からCapitolに入っていけばあります)

迷った時や360°せずに途中で入っていく場合は、Captolに最短まで近寄って回りこんで写真の階段の場所を探せば下部分にあります。

Capitolのl頭を目印にして観光する場合、東西南北を迷いやすいので帰り道の方角に注意が必要です。

c8.jpgのサムネイル画像 夜のCapitolもライトアップされていてとても綺麗です。

C12.jpg

t☆

ワシントンDCに旅行の際はぜひ、360°の歩き方でCapitol とcapitoll Hillからの絶景をお楽しみください!

U.S.Capitol Visitor Center

無料

https://www.visitthecapitol.gov/

月曜日〜土曜日:午前8時30分〜午後4時30分

感謝祭、クリスマスデー、正月、就任式日を除く


この歩き方約1~2時間で巡れる観光名所&写真撮影スポットの数は結構あります↓

【キャピトル(米国連邦議事堂)】【ユニオンステーション】【ユリシーズ・S・グラント・メモリアル】【コロンブス広場】【ローワー・セナート・パーク】【ラッセル上院議事堂】【シュプリームコート(合衆国最高裁判所)】【ライブラリー・コングレス(議会図書館)】【レイバーンハウスオフィス】【(遠くに見える)ワシントン記念塔】を制覇☆

『キャピトル/ビジターセンター』の中の滞在時間はカウントしていません。中にはカフェやギフトショップ、上院ホールツアー(11am-2pmマデ/所要時間30分)などあるのでこのツアーに参加する場合や食事などすると今回のプランの所要時間Totalは、約3時間~が目安になります。

アメリカの東部エリアへ日本からの旅行だとNYが人気だと思うのですが、例えば1日だけでもDCにアムトラックやバスで弾丸旅行を計画した場合に利用することになるユニオンステーションから徒歩圏内にこれだけの名所があるのでオプションとして参考になればと思います。


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

IBIZA

アメリカ・ワシントンDC2特派員のIBIZAが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC2特派員
名前:IBIZA

IBIZA

2017年からワシントンDC在住。 2002年に初渡米。その後、ヨーロッパ・中東・アジアを旅行で行く中でも、最初に訪れたアメリカ東海岸に強い縁を感じ、アメリカ好きに。 趣味は写真撮影・ウォーキング・新しい場所に行くこと。 ワシントンDCの新たな魅力を発信します。 DISQUS ID @disqus_nR2q2zr1ga

ワシントンDC2特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC2特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC2特派員 > 「Capitol Hill」の絶景360°の歩き方【ユニオンステーションからCapitol/DC観光名所編】