トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC特派員 > 1ドル25セントのコーヒーのミルブラシ☆夫の言い分 vs. 妻の言い分!

アメリカアメリカ/ワシントンDC特派員ブログ

1ドル25セントのコーヒーのミルブラシ☆夫の言い分 vs. 妻の言い分!

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2022年6月12日

ちょっとご覧くださいな。


コーヒーグラインダーでコーヒー豆を挽くと、挽いたばかりのコーヒーがグラインダーの中に残ってしまうので、夫に以前使っていた豚毛のブラシを買ってくるよう頼まれたのですが、先日、ダラーツリー(日本でいえば、すべての商品を100円で売っています、というような感じのお店です)でベーキング用のこんな刷毛(長さ21㎝、ブラシ部分は3×3cm)を見つけました。


dollar tree brush.jpg


シリコン製のこのブラシはコーヒーミル用に売られていたわけではありません(ベイスティングブラシ:basting brushです)が、試しに買ってきてみたら、グラインダーの中に残ったコーヒーの微粉をきれいに取り除いてくれるので便利です。購入したお店では赤しかなかったので、夫が「レッド?!」と驚いていましたが、以前購入したコーヒー専門店の木製ハンドルのブラシ(確か15ドル以上の商品でした)は売り切れていたので、仕方ありません。次に気に入ったのを見つけるまではこれで十分!......と私は思いますが、朝のコーヒータイムを大切にしている夫にとって、ナチュラルな素材ではないという点だけでなく燃えるような赤という色も気になるというのにも確かに納得。


夫は、つい最近、20年以上大切に使っていた手動のコーヒーミルを息子にゆずったばかりなので、少しセンチメンタルな気持ちになっているのかもしれないので、わが家の良質なミルブラシ探しは、しばらく続きそうです。


余談ですが、アメリカのダラーツリーというお店では、少し前まで全商品が1ドル(税抜き)で売られていましたが、私がこの刷毛を買ったお店の人の話によれば、いまはすべての商品が1ドル25セント(税抜き)で売られているそうです。アカウントを開けばオンラインでもショッピングできるそうですよ。


【データ】
■DOLLAR TREE
・URL: https://www.dollartree.com/

Brush with coffee.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村



人気ブログランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

舞林鳥 恵

アメリカ・ワシントンDC特派員の舞林鳥 恵が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC特派員
名前:舞林鳥 恵

舞林鳥 恵

80年代後半から日米間を往復する暮らしを始め、現在DCから小一時間の田舎町で夫とのふたり暮らしを満喫しています。カントリーライフの醍醐味をHappyNest in Americaにて配信中。ワシントンDC周辺の観光名所や魅力的な穴場スポットの情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_Dj9ROBhyrP

ワシントンDC特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC特派員 > 1ドル25セントのコーヒーのミルブラシ☆夫の言い分 vs. 妻の言い分!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について