トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC特派員 > 副反応が出ていないのに、2回目の新型コロナワクチン接種にドクターストップがかかった理由

アメリカアメリカ/ワシントンDC特派員ブログ

副反応が出ていないのに、2回目の新型コロナワクチン接種にドクターストップがかかった理由

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2021年4月29日

約3週間前に、ウェルスパン・ヘルス(WellSpan Health) が承認しているファイザー(Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine)の新型コロナワクチン を接種しました。予定通りいけば、5月1日に2回目の接種ができるはずだったのですが、1回目のワクチン接種の数日後、庭のポイズンアイビーやポイズンオークによるアレルギー症状が皮膚全体に現れてしまいました。症状がひどくなったためアレルギー症状を改善させるために投与されたプレドニゾンの服用が終了するまで2回目のワクチンを受けないよう、先週ドクターストップがかかりました。


そういえば、一回目ウェブサイトで予約を取った時にも基礎疾患のチェックがあったのですが、当日も熱を測った後に担当者から現在服用中の薬があるかどうかなどを訊かれました。今回、服用している薬の種類によってワクチンの接種ができない場合もあるということを、身をもって知りました。2日前に受け取ったドクターからのE-メールによると、6日後のプレドニゾンの服用の終了を待ってからその1週間後にワクチン接種の予約の取り直しをするように、ということです。症状は改善していて皮膚の症状も少しずつおさまってきていますが、「症状がよくなっているからって、外に出て庭仕事なんかしないで、家でじっとしていたほうが良いよ。」と夫に諭されてしまいました。


ちなみに、もともと肺の基礎疾患がある夫のほうは、今週2回目のワクチンを受けましたが、3日後の今日も副反応などもなく今のところ体調は良好のようです。


ドクターストップ.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村



人気ブログランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

舞林鳥 恵

アメリカ・ワシントンDC特派員の舞林鳥 恵が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC特派員
名前:舞林鳥 恵

舞林鳥 恵

80年代後半から日米間を往復する暮らしを始め、現在DCから小一時間の田舎町で夫とのふたり暮らしを満喫しています。カントリーライフの醍醐味をHappyNest in Americaにて配信中。ワシントンDC周辺の観光名所や魅力的な穴場スポットの情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_Dj9ROBhyrP

ワシントンDC特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC特派員 > 副反応が出ていないのに、2回目の新型コロナワクチン接種にドクターストップがかかった理由

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について