トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC特派員 > ファイザーの新型コロナワクチンを受けました!

アメリカアメリカ/ワシントンDC特派員ブログ

ファイザーの新型コロナワクチンを受けました!

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2021年4月17日

春らしい陽気が続いていますが、皆様、いかがお過ごしですか。私の住まいがある地域では、2021年4月13日以降16歳以上の人は新型コロナのワクチンを受けることができるようになりました。私も1回目の接種を終えました。


Covid vaccination .jpg


私が受けた新型コロナワクチンは、ウェルスパン・ヘルス(WellSpan Health) が承認しているファイザー(Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine)のワクチン です。接種当日は、熱があるかどうかの確認をしてからチェックイン、現在の健康状態に関する質問事項に回答し、問題なければ接種開始、接種後同じビル内で15分間様子を見てアレルギー反応やほかの異常が見られなければ帰宅できる、という段取りです。


アレルギー反応などはまったく出なかったので、15分後に駐車場で待機してくれていた息子に運転してもらって帰宅しました。いまのところ体調の変化はありません。3週間後に2回目を接種する予約を入れました。


ウェブサイトによれば、ワクチンを接種してから最初の3日間に、発熱、倦怠感、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛を経験することがありますが、それらはワクチンの予想される副作用だということです。咳、息切れ、鼻水、喉の痛み、味覚や臭いの喪失などは、通常の副作用ではないので検査を行う必要があるそうです。


ちなみに、私の夫は、肺の基礎疾患などがありますが、私より数日前にファイザーのワクチンを受けました。当日も異常がなかったので2週間後にまた受ける予定です。79歳の義母も2ヵ月前に接種、息子たちも接種しましたが、ワクチンの予防効果は即時ではなく、2回接種しても、コミュニティのほとんどが利用できるようになるまでには数ヵ月かかるため、相変わらずマスク着用と社会的距離(6フィート)は推奨されるそうです。


なお、費用についてですが、ウェルスパン・ヘルス(WellSpan Health) が共有している情報によると、COVID-19ワクチンは無料ですが、アメリカ国内でのワクチンの投与料は、患者が自己負担することなく保険に請求されるそうです。


にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村



人気ブログランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

舞林鳥 恵

アメリカ・ワシントンDC特派員の舞林鳥 恵が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC特派員
名前:舞林鳥 恵

舞林鳥 恵

80年代後半から日米間を往復する暮らしを始め、現在DCから小一時間の田舎町で夫とのふたり暮らしを満喫しています。カントリーライフの醍醐味をHappyNest in Americaにて配信中。ワシントンDC周辺の観光名所や魅力的な穴場スポットの情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_Dj9ROBhyrP

ワシントンDC特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC特派員 > ファイザーの新型コロナワクチンを受けました!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について