トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 「熊野和紙体験工房おとなし」で紙すき体験をしてみよう!

日本国内日本国内/和歌山特派員ブログ

「熊野和紙体験工房おとなし」で紙すき体験をしてみよう!

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年12月 7日

和歌山県の田辺市本宮町にやって来ました!


DSCN0541am.jpg


訪れたのは熊野本宮大社のすぐ近くに建つ「熊野和紙体験工房おとなし」さんです。


DSCN0556.JPG


おとなしさんでは熊野本宮の伝統和紙「音無紙」を作る紙すき体験ができます。
体験は約20分~30分ということなので、夫とふたりでチャレンジしました。
紙すきはふたりとも初めての体験です。


DSCN0573am.jpg


店内に入ると手前がショップ、奥が工房となっています。


DSCN0582am.jpg


まずは本宮の和紙についての歴史や、和紙作りの工程を学びました。
和紙の原料となる木の枝を見せていただいたり、工程を写真で説明してくれます。
木を蒸したり、皮をむいたり、水にさらしたり、たたいたりと和紙が出来るまでの工程はとても手間のかかるもので、昔はこのようにして和紙を作ったのだということを知ることができました。


DSCN0719.JPG


中央のテーブルには異なる原料の木で作られた和紙や紐が展示されていて、木によって出来上がりが違うのだなというのが分かります。
また展示されている行灯に使われている和紙も同じくで、和紙によって明るさが違ってくるのですね。


DSCN0593.JPG


これが昔の音無紙です。
昔は何軒かあった音無紙を作る家も、昭和28年の大洪水で紙すきの道具が流されてしまい、ほとんどの方がやめてしまい途絶えてしまったそうです。
その伝統文化の音無紙でまちおこしに取り組まれ、2014年に空き家を改装してオープンしたのがおとなしさんなのです。


DSCN0608.JPG


触れせていただいたのですが、ふわふわ!です。
今の和紙とは手触りが違いますね。


DSCN0620.JPG


それでは奥の工房でいよいよ体験です。
私たちが体験するのは最後の紙を漉く工程です。


DSCN0629.JPG


こちらは体験では使用しませんが、紙すきをする道具です。
思わず「きれい!」と言ってしまいました。


DSCN0654am.jpg


最初は職人さんが一連の流れを見せて教えてくれました。


DSCN0730am.jpg


先に夫がチャレンジしました。
マンツーマンでアドバイスしていただきながら体験ができるので安心です。


DSCN0737am.jpg


原料となるコウゾの木の繊維と糊、水が入った桶の中に木枠を入れます。
最初はスッと縦に入れて(思ったより深くないので、最初は沈める感覚が難しかったです)


DSCN0739am.jpg


掬ったらすぐに傾けて水をこぼします。


DSCN0741.JPG


シワのように線ができる場合もあるのですが、夫はきれいにできてます。


DSCN0648.JPG


引き上げた時にゴミのような繊維が気になる方はピンセットで摘んで取り出します。
夫は自然のままにしたのですが、自分の時は気になったので取り除こうと思い摘んでみると、ピンセットで紙も突いてしまい・・・やらなきゃよかったと思ってしまいました。自分の不器用さに泣けます・・・。
穴の補正はしてくださったので、分からなくはなり良かったです!


DSCN0747m.jpg


先ほどの工程を繰り返します。
再び同じように木枠を桶の中に入れ、今度は木枠を縦に振り動かし引き上げます。
また同じようにし今度は横に振り動かし引き上げ、最後は縦横に振って引き上げます。


DSCN0816am.jpg


こちらは地元で取れた花の押し花です。
この押し花を和紙に飾ることもできます。(押し花はオプションで400円)
私だけさせていただきました。


DSCN0827.JPG


紙すきを始める前に押し花を選んでおき、ここで選んだ花を乗せていきます。
そして上から糊のような液をかぶせてコーティングしていきました。


DSCN0752am.jpg


手伝っていただきながら木枠からろ過された紙を外します。


DSCN0756am.jpg


紙を乾かすのに場所を移すのですが、ふたりともかなり慎重に持って移動させました。


DSCN0758am.jpg


スポンジのマットみたいなのに乗せて、さらに上にスポンジを重ねていき


DSCN0762am.jpg


木の重しを乗せて


DSCN0776am.jpg


上から棒で押さえ込むようにようにして圧力をかけ、水分を抜きます。
この工程を新しいスポンジに代えてもう一度おこないます。


DSCN0787am.jpg


今度は70度に熱した鉄板の上に紙を貼り付けて乾かします。
自然乾燥で紙を乾かすには時間がかかるためです。


DSCN0794am.jpg


ローラーで紙の端の方をグッと押さえて伸ばすように転がします。


DSCN0799am.jpg


そして今度は上の薄い紙をはがして、刷毛で和紙をササッと撫でます。
力を入れ過ぎて破ってしまわないかと思い、恐る恐る撫でた私でした。


DSCN0832.JPG


乾かしている間に、しおり作りをさせていただきました。


DSCN0840.JPG


スタンプも用意してくれていて、どんな風にしようかと悩みます。


DSCN0842.JPG


しおりの紐も何種類か色がありました。


DSCN0845.JPG


自然素材の紐もあり、こちらは有料で50円でした。


DSCN1676.JPG


私は羊の毛で作られた紐がかわいく思ったのでそちらを選びました。


DSCN0838.JPG


しおり作成中です。
型抜きされた「本宮」の文字に色を付けたり、スタンプを押してオリジナルの作品を仕上げていきました。
先に紐を通す穴を開けておくとデザインの配置がやりやすいかも。


DSCN1667.JPG


完成した夫と私のしおりです。
左が私、右が夫が作成したしおりです。


DSCN0846am.jpg


和紙の体験に戻り、最後の工程に入ります。
和紙を鉄板から慎重にゆっくりと剥がす夫。
ここで失敗して破ったらと思うと、私も剥がすときはかなり慎重になりました。


DSCN0853am.jpg


最後に和紙にアイロンをかけて完成です。
アイロンがけなどほぼしたことが無い夫ですが、楽しそうにやっておりました。


DSCN0851am.jpg


完成です。
嬉しそうな夫の顔を想像してください!(笑)


この後、出来上がった和紙を持って熊野本宮大社へ向かいました。
なんと!おとなしさんで紙すきをした和紙を持参すると、熊野本宮大社で御朱印をいただくことができるのです!
(御朱印は別途300円必要です)


DSCN1560am.jpg


こちらが私の紙すきといただいた御朱印です。
職人さんがとてもやさしく親切に教えてくださったので、初心者で不器用な私や夫でも素敵に仕上がることができました。


DSCN1561am.jpg


和紙が渇くと押し花もこのようにコーティングされて剥がれないようになっていますし、柔らかな雰囲気で良い感じですね。


DSCN1565am.jpg


こちらは夫が紙すきをした和紙といただいた御朱印です。
シンプルに中央に御朱印だけですが、


DSCN1568am.jpg


この後、熊野速玉大社、熊野那智大社へ参拝をしてこちらに御朱印をいただき、熊野三山の御朱印を揃える予定です。


ぜひ皆さまも本宮で紙漉き体験をされてみませんか?
ご自分で作られた和紙に御朱印をいただけるなんて、素敵な思い出になりますよ。


<熊野和紙体験工房 おとなし>


*住所 和歌山県田辺市本宮町本宮454-3
*電話番号 080-1440-8673(池上会長)
*紙漉き体験 土・日曜日
*営業時間 9:30~16:00 
*上記以外は予約が必要です。
*体験料金 1枚1000円 
*御朱印は別途300円が必要です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

麻巳子

日本国内・旧和歌山特派員の麻巳子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/旧和歌山特派員
名前:麻巳子

麻巳子

和歌山特派員トップにもどる

和歌山に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

和歌山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 「熊野和紙体験工房おとなし」で紙すき体験をしてみよう!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について