トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > バンビエン・ソン川の岸辺バー再開

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

バンビエン・ソン川の岸辺バー再開

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年12月29日

Vangvieng Xone.jpg
 バンビエンを東西に貫くソン川。
 ひと昔前にツーリストが見つけた小さな田舎の村が、いまやラオスでも随一のウォータスポーツのリゾートに発展しました。
 風光明媚なうえ、ビエンチャンからわずか4時間の地の利もあって、人気抜群です。
気をよくした村人が美しい川沿いに次々とビア・バーを開店し、ひところは30軒にも及んで、カヤックを漕いでも、タイヤのチューブに乗って川下りしても、川沿いの騒々しい音楽に悩まされました。

Vangvieng50% Bar.jpg
 ビエンチャン県がすべてのバーの閉鎖を命じたのはかれこれ1年前。おかげで村は昔のように静かになりましたが、若い人たちに見放され、老人と家族連れが目立つようになりました。
 これを見た県はバーの復活を検討してきましたが、上流、中流、下流に分類し、それそれ3店舗を選んで、ようやく9軒の店の開店を許可しました。
 当面は、それそれのエリアの3店のうちの一店が開き、交代で3日にいとどの開店でスタートすることになりました。
 上流店は8:00-16:00、中流店は8:00-17:00、下流店は8:00-18:00の営業です。


 ともかく、バンビエン名物のチュービング(トラックのタイヤチューブに乗った川下り)が復活したのは何よりです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > バンビエン・ソン川の岸辺バー再開

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について