トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > ジャール平原の謎の壺はここでつくられた

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

ジャール平原の謎の壺はここでつくられた

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年7月26日

ジャール平原1 サイト1の写真top.jpg

謎の石壺が散在するシェンクワーン県はジャール平原。

ジャール平原2 サイト 若い人 DS.jpg
その巨大な石壺の石切り場は県都ポーンサワンから7号線を西に20kmのプー・ケンPhu Kengという山の急斜面だということは分かっていました。

ジャール平原3 プーケン・ビジター・センターDS.jpg
ようやく山道が切り開かれ、ビジターセンターが設置され、1000段を超える階段が設けられて、ツーリストの目に触れることになりました。

ジャール平原4 プーケン登り道 DS.jpg
 標高差200mほどの急斜面は登りに1時間を要します。狭い階段を喘ぎ喘ぎ登っていくと、次第に視界が開け、曲がりくねった道をふさぐように作りかけの石壺が左右に散らばっていて、ここが石壺の製造現場であったことを物語っています。しかし、この石切り場から斜面を下り森を抜け、山路を20kmも辿って、遠く離れた丘まで、重量5トンの石壺を、いったいだれがどうやって運び出したんでしょう。謎は深まるばかりです。

ジャール平原5 プーケン 頂上のトンネルDS.jpg
 ようやくたどり着いた頂上は、そのてっぺんには長さ50mほどの、ようやく人一人が通れるほどのトンネルが残っていました。1960~70年代のインドシナ戦争(ベトナム戦争)当時、米軍の激しい空爆を迎え撃つラオス解放軍が防空の最前線として、この山の頂きを活用した史跡です。

ジャール平原6 プーケン頂上からの眺望 DS.jpg
 噴出した汗も爽やかな風が一瞬にして吹き飛ばし、ゆるく連なる丘と水田が織りなす抜群の眺望が心を揺さぶってくれました。


プーケーンへの行き方:シェークアーン県の県都ポーンサワンからの日帰りツアーに参加すると、石壺サイトの1と2と3に寄る前か後に、ここにも立ち寄ってもらえます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > ジャール平原の謎の壺はここでつくられた

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について