トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > 49民族が共生するラオス

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

49民族が共生するラオス

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2014年7月22日

特派員ブログ パイプをくわえたアッタプーの女性SimplyBeautiful.jpg ラオスの最大のグループはおよそ6割を占める農耕民族のラオ族です。話されている言語や習慣、信仰などを基準にさまざまな分類が可能で、細かく数えれば100とも200とも分類がされてしまいます。
 一般的には49民族がラオス国内に存在しているとされます。山がちなラオスには「山の民」といわれる少数民族が、森の幸と川の幸を生活の糧にして、興味深い独特の文化を守って暮らしています。

最南部アッタプー県に暮らしているブラオ族の女性たちはパイプを使ってたばこを吸うのが特徴で、よく多民族国家ラオスの象徴として宣伝写真に登場します。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > 49民族が共生するラオス

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について