トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > 2021年は旅行再開を祈って。ウィーンからオーストリア第2の都市グラーツへの列車の旅

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員ブログ

2021年は旅行再開を祈って。ウィーンからオーストリア第2の都市グラーツへの列車の旅

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年1月 1日

新年明けましておめでとうございます。世界中で大きな変化のあったコロナ禍の2020年が幕を閉じ、新たな年が始まりましたね。
オーストリアは昨年のクリスマス明けから現在も再ロックダウンの真っ只中なので、少し控え目ではありますが、毎年恒例の花火の音とともに新年を迎えました。

今年2021年はどうかまた自由に旅行ができることを祈りつつ、新年初のブログでは、ウィーンから、オーストリア第2の都市「Graz(グラーツ)」への旅を紹介します。

グラーツまでは、オーストリア連邦鉄道「ÖBB」のRailjet(レイルジェット)で2時間半の旅。出発はウィーン中央駅からが便利です。
IMG_20201223_091935.jpg



Sparschiene (シュパーシーネ)」という早割切符だと片道€10前後ととてもお得なので、詳しい旅程が決まっている場合には断然予約がおすすめ。
IMG_20201223_094930.jpg



レイルジェットにはサイレントワゴンやキッズスペースも設けられているため、用途に合わせて利用することができます。
IMG_20201223_095043.jpg



今回は、小さな子供が喜ぶキッズスペースのある席を数ヵ月前に予約。テレビがついているこちらの特別スペースは、通常ならばファミリーに人気なのですが......
IMG_20201223_095645.jpg



コロナ禍の国内移動者が減少している現在はこの通りガラガラ。
IMG_20201223_100207.jpg



世界遺産ゼンメリング鉄道で有名な途中駅「Semmering(ゼンメリング)」には、ウィーンから1時間半ほどで到着。夏は登山客でにぎわいます。
IMG_20201223_111659.jpg



昨年末から最低気温が氷点下のオーストリアでは、車窓から雪景色を楽しめます。
IMG_20201223_111727.jpg



いよいよグラーツに到着! ここオーストリア第2の都市は、世界遺産に指定された旧市街が魅力の町。クリスマスシーズンの夜はイルミネーションがきれいです。こちらは目抜き通りの「Herrengasse(ヘレンガッセ )」。
IMG_20201223_142721.jpg



すてきな路地が数多くあるグラーツの旧市街は、時間をかけてゆっくりと歩くのがおすすめ。かわいいお店が何件も軒を連ねているので、自然と足が止まります。
IMG_20201223_144158.jpg



すてきなショーウインドウが並ぶ、アーケードになっている小路。
IMG_20201223_145212.jpg



そしてこちらは中央広場。普段は地元民の憩いの場であるこの広場では、季節ごとにさまざまなイベントが開かれます。今年はどうか再開されますように。
IMG_20201223_144829.jpg



クリスマスの時期は、州庁舎の広場に45トンもの氷を使った彫刻が展示されます。電動のこぎりで氷を彫る光景は見もの!
IMG_20201223_145325.jpg



こちらは、グラーツ発のベーカリー「Martin Auer (マーティンアウアー)」。本場シュトレンは冬の風物詩。
IMG_20201223_143032.jpg



もうひとつ、こちらは450年もの伝統あるグラーツの老舗ベーカリー「Hofbäckerei Edegger-Tax (エーデッガー・タックス)」。なんと、京都にも支店 があるんです。ここグラーツのあるシュタイアーマルク州の名産でもあるパンプキンシードオイルを使用したクッキーなど、ここでしか手に入らないお菓子はおみやげにもピッタリ。
IMG_20201223_143815.jpg



豚やキノコなどの、幸運を呼ぶお守り をモチーフにしたスイーツ。クリスマスから年末年始にかけて販売されます。
IMG_20201223_143904.jpg



グラーツは、「City of Design」デザインの都市としてユネスコから認定を受けた先進的な町でもあります。ユニークな「Kunsthaus (クンストハウス)」を始め、壮観でスタイリッシュな建築物の数々は必見。
IMG_20201223_142941.jpg



猛威をふるい続ける新型コロナウイルスのみならず、11月にはウィーンで悲惨なテロ事件 が起きるなど悲劇に見舞われた2020年。だからこそ、新しく幕を開けた2021年が明るい1年となることを心から願っています。皆様もよいお年をお過ごしください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員の雅Léontineが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員
名前:雅Léontine

雅Léontine

幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

ウィーン2特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

[an error occurred while processing this directive]

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > 2021年は旅行再開を祈って。ウィーンからオーストリア第2の都市グラーツへの列車の旅

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について