トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > もうすぐ!本物のツリーで迎えるオーストリアのクリスマス★☆★☆

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員ブログ

もうすぐ!本物のツリーで迎えるオーストリアのクリスマス★☆★☆

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年12月20日

12月も半ばを過ぎ、町なかはすっかりクリスマス模様。しかしながら、毎年恒例のウィーンのクリスマスマーケットは生憎中止が決まっています。残念ですが、これも新型コロナウイルス感染から国民を守る政府の措置。実際にロックダウン後の感染者数は減っているので、来年はオーストリア国内のみならず、日本を含めた国外からの旅行者でにぎわうクリスマスの風物詩が見られることを願っています。
IMG_20201216_103453.jpg



さて今回は、ウィーンのクリスマスツリー売り場を紹介!
日本では本物のツリーを家庭で飾ることはほとんどありませんが、ここオーストリアでは本物が当たり前。12月に入ると、市内の路上や公園の広場など、いたるところでクリスマスツリー「Christbaum(クリストバウム)」が売り出されます。
IMG_20201218_102815.jpg



こちらはウィーンのショッピングストリート、マリアヒルファー通り の売り場。ニーダーエスターライヒ州の森で育ったツリーがたくさん運ばれてきました。ショッピングのあとにツリーをかついで歩く人の姿は、この時期にしか見られないユニークな風物詩。
IMG_20201210_103644.jpg



そしてこちらはカールス教会 前の広場。広い敷地内に大小さまざまな大きさのツリーが置かれています。値段は小さいツリーで€30前後。大きいサイズだと€100以上するものも。
IMG_20201214_114347.jpg



シュテファン寺院前にもツリー売り場があります。
IMG_20201216_103409.jpg



寒さのなか、買われるのをじっと待つ姿が何ともけなげなツリーたち。いったいどんな人が飾りつけしてくれるのかな?
IMG_20201216_103333.jpg



いろいろあった2020年もあと2週間足らずで幕を閉じようとしています。すでに決まっていた旅行をキャンセルせざるを得なくなったり、外食することや気軽に出歩くことさえもままならなかったこの1年。飲食業はいまだにテイクアウェイやデリバリーのみに限られているオーストリア。もちろん観光業も厳しい状況にあります。本当に、早く事態が落ち着くことを願うのみです。
IMG_20201213_104022.jpg


皆様もお体ご自愛ください。そしてFrohe Weihnachten & Guten Rutsch!メリークリスマス&よいお年を!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員の雅Léontineが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員
名前:雅Léontine

雅Léontine

幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

ウィーン2特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

[an error occurred while processing this directive]

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > もうすぐ!本物のツリーで迎えるオーストリアのクリスマス★☆★☆

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について