トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > ウィーン旅行がまだ無理でも、オーストリアの伝統菓子を家で簡単に!Apfelstrudel(アプフェルシュトゥルーデル)を作ろう!

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員ブログ

ウィーン旅行がまだ無理でも、オーストリアの伝統菓子を家で簡単に!Apfelstrudel(アプフェルシュトゥルーデル)を作ろう!

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年7月15日

新型コロナウイルスの感染が落ち着いてきた現在も気軽に海外旅行とはいかず、夏休みも始まるこの時期、まだ渡航禁止になっている国がほとんどで悲しくなってしまいますね。今回は、ウィーンには行けなくても日本でも簡単に作れるオーストリアの伝統菓子、アプフェルシュトゥルーデルを紹介します。

アプフェルシュトゥルーデルは、小麦粉、水と油から成る生地を薄く伸ばし、りんごのフィリングを包んで焼いたお菓子。その歴史ははるか15世紀にまで遡り、オリジナルはアラビア半島から伝わり、バクラヴァのようなお菓子だったと言われています。それがウィーンにもたらされ現在のアプフェルシュトゥルーデルとなり、今では市内のいたるところで食べることができる人気の伝統メニュー。


これが材料です。
Ingredients.jpg



シュトゥルーデルは生地が命! なんと言っても薄さが大事。下が透けて見えるほどまで伸ばします。
Dough.jpg



生地ができたらフィリング作り! 主役のりんごのほかに使うのは、バターでカリカリにローストしたパン粉と、シナモンパウダー、砂糖を合わせたシナモンシュガー。
Powders.jpg



まずは生地にローストしたパン粉を敷きます。
Dough 1.jpg



その上から、薄切りにしたりんごを並べていきます。
Dough 2.jpg



そして最後にシナモンシュガーを上からトッピング。
Dough 3.jpg



りんごは煮詰めたりしなくていいのでいたって簡単なフィリングです。レーズンも入るのが伝統レシピですが、好き嫌いが分かれるのでカフェやレストランでは入れないことも。
Filling.jpg



ここからは少し至難の業! いよいよフィリングを生地で包んでいきます。手前からていねいに巻いていく際、キッチンタオルなどを使うと楽ですよ。
Dough Rolling.jpg



包み終えたら、焼き色をつけるため卵黄液を表面に塗ってあとは焼くだけ!
Dough done.jpg



焼き上がりはこんな感じ。
Dough Baked.jpg



いざカット! 甘酸っぱいりんごとシナモンの香りがキッチンを満たします。
Cut.jpg



熱々のバニラソースをかけて、Mahlzeit! また自由に旅行ができる日が早く訪れますように!
Apfelstrudel.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員の雅Léontineが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員
名前:雅Léontine

雅Léontine

幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

ウィーン2特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

[an error occurred while processing this directive]

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > ウィーン旅行がまだ無理でも、オーストリアの伝統菓子を家で簡単に!Apfelstrudel(アプフェルシュトゥルーデル)を作ろう!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について