トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > ウィーンでのおこもりスイーツに最適!「グーゲルフプフ」

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員ブログ

ウィーンでのおこもりスイーツに最適!「グーゲルフプフ」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年4月19日

ウィーンではすでに大多数の人がテレワーク、おもに自宅で仕事をするホームオフィスに移行しています。
家で仕事をするとなるとプライベートと混合してしまうこともあり、また家庭をもっている人は家事や育児にさらなる負担がかかったりと、それぞれがたいへんな思いをしている今のこのご時世。いかにして毎日を乗り越えるか、皆さまも工夫されていることだと思います。

そんななか今回は、在宅勤務中の息抜きにも、出かけたくても外出できない週末の午後にもピッタリなオーストリアの伝統菓子、「Gugelhupf」(グーゲルフプフ)を紹介します。

日本ではクグロフとして知られているこのお菓子ですが、オーストリアでのオリジナル名称はグーゲルフプフ。17世紀にまでさかのぼる歴史あるこのお菓子は、現在も変わらず人気の商品です。
Gugelhupf.jpg



このグーゲルフプフは、スーパーに売っている€2程度の安価なものから、高級ベーカリーの€10以上の品までさまざま。バターたっぷりのフワフワ生地はコーヒーにも紅茶にもピッタリでたまりません。
種類は、プレーンのほんのりバニラ味や、レーズンなどドライフルーツが入ったものなどがありますが、一番人気はこちら、チョコレートの入ったマーブル模様のグーゲルフプフ。
Gugelhupf 2.jpg



グーゲルフプフはひとつがだいたい750gと大きめのサイズで、また日持ちがよく数日経っても生地がフワフワなので、一度購入すると数回に分けて楽しむことができます。
それでは皆さまも、ストレスを溜め過ぎず、息抜きの時間も忘れずに!
Tea Time.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員の雅Léontineが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員
名前:雅Léontine

雅Léontine

幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

ウィーン2特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

[an error occurred while processing this directive]

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > ウィーンでのおこもりスイーツに最適!「グーゲルフプフ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について