トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > オーストリアのクリスマスに欠かせない!クッキーでFrohe Weihnachten★

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員ブログ

オーストリアのクリスマスに欠かせない!クッキーでFrohe Weihnachten★

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2019年12月23日

明日はクリスマス・イヴ。ドイツ語ではHeiliger Abend(ハイリガーアーベント)と呼ばれています。友人や会社の同僚たちとパーティーでにぎわう日本とは違い、ヨーロッパでは家族や親戚で集まるのが伝統的なクリスマス。オーストリアでは24日の夜に皆で集まり、ツリーを囲んで楽しく歌を歌ったり食事をしたりします。


ここでは日本のように、24日の夜にサンタクロースがこっそりとクリスマスプレゼントを届けにきて、25日の朝にプレゼントを開ける習慣はありません。Christkind(クリストキント)と言って、女性の姿をしたクリスマスの天使がプレゼントを運んできてくれるのが子供たちの楽しみ。
また、日本では定番のクリスマスケーキも存在せず、おばあちゃんやお母さんたちがせっせとクリスマス前に焼いたいろいろな種類のクッキーを食べるのが伝統。
General.jpg



中でも三日月型のクッキー、Vanillekipferl(ヴァニレキプフェール)や薄いバタークッキーをジャムやマーマレードで挟んだものが一般的ですが、今回は我が家定番の、ナッツ感がたまらなくおいしいNussecken(ヌスエッケン)を紹介します。
Enjoy.jpg



ヌス(ナッツ)エッケン(角、コーナー)は、ヘーゼルナッツやアーモンド、胡桃を細かく砕いたクッキー。まず一番下には事前に焼いておいたクッキー生地を敷き、その上にバターと砂糖でキャラメリゼしたナッツのミックスをのせ、オーブンでじっくり焼きます。これは焼き立てのナッツ生地。
Dough.jpg



焼けた生地の粗熱が取れ固まったら、Ecken(エッケン)コーナー型にカット。
Cut.jpg



カットしたクッキーの端を、溶かしたクーベルチュールチョコレートに浸します。
Chocolate.jpg



あとはクッキングシートにのせて乾かすのみ。
Dry.jpg



冷やすとおいしさ倍増! 冷蔵庫に入れて保存します。2週間ほどもちますよ。
Dry 2.jpg



チョコレートが乾いたら、かわいいクリスマス缶に詰めて、でき上がり!
Finish.jpg



皆様も楽しいクリスマスを!★Frohe Weihnachten★
(フローエ ヴァイナハテン = メリークリスマス)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員の雅Léontineが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン2特派員
名前:雅Léontine

雅Léontine

幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

ウィーン2特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

[an error occurred while processing this directive]

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン2特派員 > オーストリアのクリスマスに欠かせない!クッキーでFrohe Weihnachten★

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について