トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > 知られざるオーストリアの郷土料理②「シュヴァインスブラーテン」

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員ブログ

知られざるオーストリアの郷土料理②「シュヴァインスブラーテン」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年11月30日

前回のグレストルに続き、今回もオーストリアの素朴ながらも味わい深い郷土料理「シュヴァインスブラーテン」を紹介したいと思います。

Schweinsbraten-800.JPG

このシュヴァインスブラーテンとは、豚のネックやロース、肩、ももなどの塊肉をオーブンで焼き上げたローストポークのこと。オーストリアをはじめ、ドイツ南部やスイスなどでよく食されています。
キャラウェイやコリアンダー、マジョラム、ニンニクといったスパイスでほどよく味付けがなされ、ニンジン、セロリ、ルートパセリ(パセリの根で白いニンジンのような見た目)、玉ねぎなどの野菜とともにローストされるため、味により深みが出ているのが特徴です。


付け合わせは、ザウアークラウトとゼンメルクネーデル(ゼンメルパンで作られた団子料理で、上写真では輪切り)の組み合わせが典型的です。酸味の効いたザウアークラウトとドライなテクスチャのゼンメルクネーデルがジューシーで、ほのかに甘味を感じされるポークを一層引き立てるコンビネーションとなっています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員のライジンガー真樹が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員
名前:ライジンガー真樹

ライジンガー真樹

スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

ウィーン特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

ウィーンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > 知られざるオーストリアの郷土料理②「シュヴァインスブラーテン」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について