トップ > ヨーロッパ > イタリア > ベネチア特派員 > トラゲットでベネチアの町を上手に散歩しよう!

イタリアイタリア/ベネチア特派員ブログ

トラゲットでベネチアの町を上手に散歩しよう!

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2020年1月30日

みなさん、こんにちは! パドゥーラ恵です。
車が通れない水の都ベネチアでは、"歩くこと"と"船に乗ること"が基本の移動手段。
最初のブログでもご紹介したように、水上バスや水上タクシー、観光ゴンドラと移動手段はいくつかあるもののベネチアの町の中心をと通る大運河には3ヵ所しか橋がかかっていません。
ちょっと向こう側に渡りたい! という時に便利なのがトラゲット(Traghetto)です。トラゲットは見た目は観光ゴンドラとほぼ同じなので、ちょっとしたゴンドラ気分を味わうことができます。
ただ、観光ゴンドラと違って、ゆっくり座るクッション付きの椅子はありません。立って乗る人もいますし、犬も乗ります。メルカートで買い物袋を掲げた人たちも乗りますし、もちろん観光で来ている人たちも乗ります。

blog20__1.jpg

大運河にはトラゲット乗り場が7ヵ所あります。季節によって、また天候によってトラゲットの運行状況は変わりますが、基本的に朝7時半から18時半まで運行しています。時刻表はなく、ゴンドリエーレ(ゴンドラを漕ぐ人)がある程度の人数が集まったら、向こう岸に渡るというスタイルです。

blog20_4.jpg

トラゲット乗り場案内と運行時間表
2019年10月1日~2020年3月31日まで 7:30~18:30
2020年4月1日~2020年9月30日まで 7:30~19:00 


私の住んでいるリアルト橋の近くのメルカート(魚市場)にもトラゲットがあり、よく利用します。

料金はベネチア住民は0.7ユーロ(片道)、観光で来ている方々は2ユーロ(片道)です。金額だけでみると観光ゴンドラに比べてとっても安いですよね。
水面ギリギリまで階段を下りて、ゴンドラに乗ります。

blog20_2.jpg

料金は乗る時にゴンドリエーレさんに直接現金で支払います。

blog20_7.jpg


前と後ろ2人のゴンドリエーレさんがゆっくりとゴンドラを漕ぎ始めます。
座ってもいいし、立ってもいいし・・・

何度も乗っているので、慣れているのもあり、ちょっと揺れるのも楽しいです。

息子のお気に入りの席は、一番奥のゴンドリエーレさんの近くに座ること。
霧が強い日の夕方、私と息子と友人だけの乗船だったので、記念に撮ってもらいました。

blog20_9.jpg

トラゲット乗り場と、ゴンドラ乗り場が一緒になっている場合もあります。「ゴンドラ?」と聞かれると思うので、「トラゲット」に乗ると伝えた方が良いと思います。

blog20_3.jpg

場所は地図を参考にしたり、宿泊ホテルに聞いて確認してから行くのがおすすめです。
いかがでしたか? 今回はベネチア住民の足、トラゲットをご紹介しました。ベネチアならではの移動方法。バスや電車に乗るのと違ってワクワクすること間違いなしですよ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パドゥーラ恵

イタリア・ベネチア特派員のパドゥーラ恵が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/ベネチア特派員
名前:パドゥーラ恵

パドゥーラ恵

大学教授の秘書として長年勤めていた中、イタリア旅行で現在の夫と出会い、遠距離恋愛の末2013年渡伊。夫の転勤に伴いローマ、コルティーナダンペッゾ、シリチア、ナポリ、そして2019年8月よりベネチア在住。超高齢出産を乗り越え43歳で長男を出産。旅行好き、食べ歩き好き、おしゃべり好きを武器に現地のママ友とも交流を深め、母親ライフを日々奮闘中。現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡下さい。 DISQUS ID @disqus_q67AmJEJLu

ベネチア特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ベネチアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベネチア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ベネチア特派員 > トラゲットでベネチアの町を上手に散歩しよう!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について