トップ > 北米 > カナダ > バンクーバー2特派員 > バンクーバーの冬のファッションは何が必要?

カナダカナダ/バンクーバー2特派員ブログ

バンクーバーの冬のファッションは何が必要?

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2019年1月31日

こんにちは。バンクーバー特派員のみやなおです。


前の記事で書きましたが、バンクーバーの冬は、東海岸に比べてはそれほど厳しくありません。冬は東京よりも少し寒くなる程度にしかなりません。-40℃程になるのはロッキー山脈から東側、もしくはバンクーバーよりもずっと北側です。


バンクーバーに冬場に旅行でいらっしゃる場合、または、長期滞在をなさる場合、「日本から何を持ってきたらいいの?」と思われることも多いと思います。


そこで、「バンクーバーに在住する筆者が、冬の間、どんな格好をしているのか?」ということを書いてみたいと思います。


私のファッション、自分の写真をあまり持っていませんが、こんな格好をしていることが多いです⬇️。

My fashion

この写真じゃ、あまり詳細がわかりませんねー。白のダウンジャケットの下には、セーターとパンツ、それにブーツを履いています。ね、東京の冬の格好で全然大丈夫ですよ。

My Fashion2


1)服装は基本的にダウンジャケットかロングコートが必須


コートはとりあえず、今日本で着ていらっしゃるものを持って行かれれば、充分使えます。それでも寒いのであれば、現地でもう1枚購入したらそれで大丈夫でしょう。


防寒コートと言えばカナダグース が有名ですが、現地で探せば、カナダグース以外にも、安くて十分暖かいコートが見つかると思います。TNA やスポーツブランドのColumbia などは、比較的値段が安く手に入りますよ。


⬇️、これって、まさかのNFLのパトリオットのクォーターバッグのトム・ブラディじゃないですか!? ボストンのプルデンシャル・センターにあるカナダ・グースのお店に現れたのか?(街を歩いていて、トム・ブラディが隣にいたら、びっくりしますよね、笑)。 この"カナダグース"インスタグラム・アカウントに、「なぜ、ボストンにいる日本人が、カナダグースばかり着ているんだ?"って書いてありましたけどね、笑。



私の場合は、自他共に認めるユニクロ愛好者!(ユニクロからコミッションが欲しいくらい、笑)なので、自然とユニクロのものが多くなっています、笑。


ユニクロのダウンジャケットを過去に何着か購入して、それをこちらで着ています。 冬場はライトダウンジャケットでなく、レギュラーのダウンジャケットくらいの分厚さが嬉しいです。丈はショートよりも、膝くらいまであるロングを選びましょう。


雨が多いのでボード用の防水のジャケットは、かなり役に立ちますよ!


(2)セーター等


厚手のセーターはとても役立ちますが、私自身、あまり厚手のセーターは、ゴロゴロするのが嫌いで着ていません。ジャケットの下は、案外薄着です。(バンクーバー住民は、「シロクマの毛穴を持っている」と私は思うのですが、寒さに強いと思います、笑。重ね着はそれなりにしている人もいますが、セントラルヒーティングがありますから、建物の中はほどほど暖かいです)。

長袖の薄手のトレーナー、もしくはTシャツで十分です。だから冬物の服より、春夏用の服をたくさん持っていかれるといいですよ。外から室内に入っての温度調整は、ジャケットを脱ぐだけで済む方が動きやすいと思います。


冬服(特に防寒服)の購入をお考えの場合は、現地調達をお勧めします。もちろん、ユニクロ・GU等でリーズナブルなお値段で日本で購入されて、バンクーバーまで持ってこられてもいいのですが。質・デザイン等、ある程度気になさらないのであれば、現地で調達した方が良いと思います。特に、長期滞在の場合は、服は現地で調達する方が楽です。


こちらのブランドとしては、H&M(エイチ・アンド・エム)ZARA(ザラ)GAP(ギャップ)バナナ・リパブリックエディバウワー等もあります。サイズ的には、日本人体型には少々大きめで、袖・裾が長かったりしますが、冬場にざっくりと着るセーターなどなら、それほど、ざっくり感も気になりません。


(3)冬場にスカートは履いたことがない


カナダに限らず、アメリカで暮らしていた時も、冬場にスカートを履いたことはありませんでした。


もともと北米の女性は、日本に比べるとスカートを履く頻度が少なめ。基本、ジーンズやヨガパンツ、もしくは、レギンス一枚姿です。「レギンス+スカート」というコーディネートも、あまり見かけません。


オフィスではスカートを履いている女性はいました。あとはパーティなどで着用するくらいでしょうか。でもそれは、スカートというより、ドレスだと思います。


ただでさえスカート人口が少ない北米ですが、冬の間はさらにスカートは見かけなくなります。防寒ができて、動きやすいとなるとジーンズ・パンツに限ります。


(4)フリース・ヒートテックは役に立つ


フリース・ヒートテックは高いのでユニクロでの購入をお勧めします。フリースに関しては、デザイン・サイズも微妙だったりするので、日本から持っていかれることをお勧めします。


ヒートテックは必需品。タートルやレギンス等、1枚着用するだけで、暖かさは相当変わります。私は冬の間は、首元は開けないようにしていて、Tシャツよりもタートル派です。首の周りには、ストールかマフラーは欠かせません。



(5)ヒールはあまり見ない&足首は出さない


カナダでは、冬の間はヒールは超危険!雪の日には滑り止めがしっかり効いて、しかも、マイナス気温にも対応したスノーブーツが必須です。「-30度対応」などの表記があるスノーブーツを購入しましょう!スノーブーツだと、SORELPAJAR などのブランドが人気ですよ。筆者はPAJARを数セット持っています。



バンクーバーは雪はあまり降りませんので、スノーブーツは必須だとは思いませんが、UGGなどのムートンブーツを履いている人が多いです。ムートンでなくても、私はビーガンのフラットなブーツ(フェイク・レザー=動物の犠牲がないもの)を愛用しています。


(6)ニット帽子&手袋&タイツ


ニットの帽子・耳あては有ったら良いです。雪が少ないバンクーバーなので、毎日着用するということではありませんが。もちろん、こちらでも買えます。手袋、あたたかい靴下&タイツは必需品です。フードがついているジャケットも、フードをかぱっと被ると、雨降りや寒い日には防寒になります。

個人的にオススメなのはヒートテックのレギンズ。タイツより全然暖かいし、ジーンズの下にはいてどうせ誰もみないしで、重宝しています。タイツも毛糸の帽子も現地で調達できますが、デザインは日本のように凝ったものやらファンシーなものは少ないでしょう。どちらかというと実用的なものが多いです。


まとめ


どちらにしろ、最初からあれもこれも持っていこうとするのはお勧めしません。結局無駄になる事も多いし、余計なものを溜めていると、引越しやらいざ帰国、という時に非常に面倒です。個人の経験として、アメリカ・ボストンにスーツケース1つで行ったのに、帰ってくる時には家財道具も含めてトラック1台分はあった(汗)。物は驚くほど増えていきますから、余計なものはなるべく増やさないようにしましょう。


必要最低限以外のものは、現地調達するくらいに考えておいたらいいと思います。


こちらでは、セカンドハンドショップで一枚1ドルでシャツやセーター、小物もいいものが手に入ります。
帰国時も気楽に人にあげたりガレージセールしたりして身軽に帰国する、または、引越しをすることができますよ。


バンクーバーの冬は、それほど恐れることはありません! 日本(東京)の冬を乗り切るようなファッションで、十分やっていけます!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

みやなお

カナダ・バンクーバー2特派員のみやなおが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カナダカナダ/バンクーバー2特派員
名前:みやなお

みやなお

1990年9月より、ボストンのマサチューセッツ州立大学に編入、英文会計を専攻し、米国公認会計士の資格を取得。会計の仕事関係でオハイオ州コロンバス、カリフォルニアのシリコンバレーに移住し、1999年9月に一時帰国。2000年7月に、仕事関係でバンクーバーに移住することになり、早17年半。カナダ人夫・2匹の猫と、バンクーバー生活を満喫中。
ブログ:"新・バンクーバー日々是々"
Instagram:@miyanao117_2015
Twitter:@miyanao117_2015 DISQUS ID @disqus_wvQd3KG8b1

バンクーバー2特派員トップにもどる

その他のカナダの特派員

バンクーバーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンクーバー2特派員トップにもどる

トップ > 北米 > カナダ > バンクーバー2特派員 > バンクーバーの冬のファッションは何が必要?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について