トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > バレンシアは3年ぶりに完全復活した火祭りの真っ最中

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

バレンシアは3年ぶりに完全復活した火祭りの真っ最中

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2022年3月18日



2年前の3月11日、これからが本番!というところで、コロナウィルスの感染拡大で火祭りが中止になりました。当時は数週間で収まると思われていたので、7月に延期が発表されましたがそれも叶わず、翌年3月にも開催できませんでした。その代わり、9月にバレンシア市内だけでこじんまりと火祭りがありました。そして迎えた今年は、例年通りのプログラムで火祭りが開催されています。3年ぶりのいつもの火祭りです。


ただ今年は運悪く天候に恵まれていません。雨が多く、私の住む郊外の町では15日から雨が止まず、昨日は崩れてしまったファジャ(最終日に燃やす可燃性の大きなオブジェ)もあります。3年ぶりだというのに残念です。


私は昨日、天気予報で曇りであることを確認した上でバレンシア市まで火祭り見物に行きましたが、天候のせいなのか、まだコロナ禍の影響もあるのか、例年より人が少ないことに驚きました(いつもこの程度だと見て回りやすいのですけどね)。


ファジャは製作費によって部門別に分かれており、今年は9万ユーロ以上の10のファジャが特別部門になりました。この中での順位が発表されたので、1位から3位までをご紹介します。


まず、第3位はFalla Cuba-Literato Azorínでした。ここはイルミネーションも豪華で有名。この写真は横から撮ったものです。どのファジャも正面はありますが、特別部門ともなるとグルっと360度どこから見ても楽しめる作りです。


CUBALITERATO.jpg

©VisitValencia


続いて2位はFalla Plaza del Pilarです。


PILA.jpg

©VisitValencia


そして1位になったのが、鉄道駅のすぐ近くにあるFalla Convento Jerusalénです。いかがですか? 製作費は31万5000ユーロ。私の町ならいいマンションが買える値段です(笑)。ここと2位になったFalla Plaza del Pilarは1位の常連なんですよ。でも、今年はちょっと私の好みではありませんでした。


CONVEN.jpg

©VisitValencia


審査からは外れる市役所広場のファジャの写真は、完成前のものですがこちらです。ホッキョクグマが溶けているのがわかりますか? 地球を守ろうというメッセージが込められているそうです。


FALLA_.jpg

©VisitValencia


ちなみに私はこれが一番好きだったのですが、4位でした。素敵だと思いません? 女性ウケしそうですね。


ALMIRANTE.jpg

©VisitValencia


さあ、これらのファジャが燃やされる19日の夜は雨なのかどうか。降っても小雨程度でありますように。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > バレンシアは3年ぶりに完全復活した火祭りの真っ最中

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について