トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > スペインのクリスマス休暇事情

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

スペインのクリスマス休暇事情

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2021年12月31日



ただ今スペインはクリスマス休暇中。基本的に学校はどこも約2週間のお休みです。息子の学校は12月23日~1月6日までが休暇です。ただし、社会人となると仕事によって変わってきます。と言っても誰もかれもがお休みしているわけではありません。


スペインのクリスマス本番は12月24日~1月6日までの2週間。でも、この2週間の間に祝日は飛び石で3日あるだけです。25日のクリスマス、1月1日の元旦、6日の公現祭です。お役所や銀行や商店はカレンダー通りに営業するので、それ以外の日は普通に働きます。但し、24日と31日はランチ後はお休みなることが通例です。


私がバレンシアに住むことになったきっかけの日系企業は製造業でした。クライアントにジャストインタイムで部品を供給していましたが、そのクライアントがクリスマスは2週間工場を閉めていたため、私の勤めていた会社もそれに合わせ2週間のクリスマス休暇を享受できました。が、その後今住んでいる町で勤めた小さな家族企業はカレンダー通りだったため、連休ゼロの年末年始を過ごしました。


このように、長いクリスマス休暇を楽しむためには、運よく会社が休暇になるか、もしくは有休を消化するしかないのです。


DSC_1854.JPG


近年の日本ではコンビニもありますし、お正月も開けるお店がありますが、銀行はしっかりお休みしますよね。スペインの銀行は土日祝日以外は常に開いているので、その点は便利に思います(ちなみにATMは24時間365日開いていて、自分の銀行のATMからだったらいつ引き出しても手数料はかからないんですよ)。お役所や医療機関もお休みになってしまう日本の年末年始は少々不便に思います。


日本ではなんとなく"西洋の人は長いクリスマス休暇を楽しむ"というイメージがありますが、スペインに限って言えばそんなことはありません。意外と働き者なのですよ。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > スペインのクリスマス休暇事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について