トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 町がクリスマス色になってきました

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

町がクリスマス色になってきました

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月30日



今年2021年は、10月下旬にはスーパーにクリスマス菓子コーナーがお目見えし驚きましたが、あれから1ヵ月が過ぎ、クリスマスまでもう1ヵ月弱。町もだんだんとクリスマス色が濃くなってきました。


冬の夜の冷たい空気を頬に感じながらクリスマスのイルミネーションを見て歩くのが楽しい時期です。


バレンシアでおなじみのクリスマススポットを紹介しましょう(写真はすべて2020年のクリスマスのものです)。


市役所広場の真ん中にはツリーが飾られ、アンティークでフォトジェニックなカルーセルが設置されます。市庁舎や中央郵便局ももライトアップされるので、雰囲気は抜群です。去年はコロナ対策で設置されなかった仮設スケートリンクも今年は復活。今年はツリーの代わりに大きな球体の飾りが出るそうで、今から楽しみです。


karuseru.jpg


大聖堂の入口に面したレイーナ広場には毎年等身大のベレンが出ます(ベレン:キリスト生誕シーンを人形で表したもの)。またツリーも飾られていましたが、現在は大規模な改修中です。


Christmas.jpg


コロン市場にも大きなツリーとベレンが飾られます。通路ではクリスマス用品のマーケットが出たり、クリスマスコンサートが開かれたりと雰囲気は抜群。クリスマス時期に一度は訪れたいスポットです。


colon.jpg


市役所広場とレイーナ広場を結ぶサン・ビセンテ・マルティル通り(Calle San Vicente Martir)やレイーナ広場とグロリエタ庭園を結ぶラ・パス通り(Calle La Paz)のイルミネーションもきれいです。


Christmas-2020.jpg


ここにあげたスポットはすべて中心部なので、一晩でまわることができます。コロナ禍が落ち着き、海外旅行ができるようになった暁には、ぜひクリスマス色のバレンシアをお訪ねください。


今年はコロナ禍で迎える2回目のクリスマス。昨年はクリスマス時期に対コロナ規制が緩和されたこともあり感染者数が増え、私の住む町はクリスマス休暇明けにロックダウンになりました。現時点でスペインは少ない感染者数を保っています。日本に比べると多いものの、イギリスやドイツに比べると格段にいい状況です。が、今日ちょうど新しい変異株オミクロン株の急拡大により、日本は外国人の新規入国を禁止することを発表しました。クリスマス本番の時にスペインがどんな状況になっているかが心配です。


写真提供:バレンシア市観光局 ©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 町がクリスマス色になってきました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について