トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 町角の焼き栗売りと時間のお話

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

町角の焼き栗売りと時間のお話

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年10月31日



前回は焼きカボチャの話を書きましたが、忘れてはいけない秋から冬にかけての風物詩は焼き栗です。11月ともなると、町角に焼き栗売りの屋台が出ます。私が住む小さな町では、屋台もなく椅子に座ったおばさんが栗を焼いているんですよ。日本と同じく、カボチャも栗も秋の味覚ですね。ある年はこの焼き栗にはまり、毎日のように買って食べていました。私の町では€1で、新聞のような紙をクルッと丸めて、その中に栗を入れてくれます。


DSC_1065.JPG


さて今日は10月最後の日曜日。午前3時が2時になりサマータイムは終了し、日本との時差は8時間になりました。日が暮れるのが1時間早くなります。


ところで、数年前にEUではサマータイム廃止を決定しました。今年からもうないものかと思っていたのですが、3月の最終日曜日に例年通りに何事もなくスタートしたのです。来年はどうなるのでしょうね? サマータイムの廃止にあたり、各国が冬時間(標準時間UTC+1)か夏時間(UTC+2)か自由に選べるようになると聞いています。バラバラになったらややこしいと思うのは私だけでしょうか。もしスペインが冬時間を選択した場合、夜10時頃まで明るい夏がなくなってしまうことが少々残念です。子供が小さいときは夕食や就寝の時間が遅くなることに困っていましたが、夏の長い夜ににぎわうテラス席はスペインらしくて好きなのです。さあ、どちらになることでしょう。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 町角の焼き栗売りと時間のお話

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について