トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > バレンシア着物クラブによるシルク博物館での展覧会KIMONO-伝統からモード

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

バレンシア着物クラブによるシルク博物館での展覧会KIMONO-伝統からモード

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2021年10月19日



日本では知られていませんが、その昔バレンシアは絹産業が盛んでした。イベリア半島の大半を支配していたイスラム教徒たちが、シルクロードを通って伝わった技術を持ち込んだと言われています。15世紀には絹のギルド(同業者組合)も設立され、その建物は現在絹博物館としてとして使われています。市内にある世界遺産のラ・ロンハも正式名称はラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(絹の商取引所の意味)で、絹の取引の場だったのですよ。


3244486503.jpg

<バレンシアにある絹博物館>


余談ですが、蚕を飼っている幼稚園~小学生低学年のくらいの子によく出会うのは、その名残なのでしょうか・・・


ところで、バレンシアには日本の着物を愛してやまないスペイン人が立ち上げた"バレンシア着物クラブ"というグループがあります。私は浴衣さえ自分では着られないというのに、時にはフォーマルに時にはカジュアルに着物を楽しむ姿は感心せずにはいられません。


244765327.jpg


245001003.jpg


このグループが昨年の春に前述の絹博物館で日本の着物の展覧会 Kimono-伝統からモードを開くことを企画してたのですが、コロナウイルスの影響で中止になった上、公的支援まで見込めなくなり資金難に陥ってしまいました。そこでクラウドファンディングを始めたものの、残り1週間を切っているのにまだ目標額に達していません。よろしければ、こちらからクラウドファンディングの内容をご覧ください ⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/490587?fbclid=IwAR2q0KVHOovR8X15Cy2hCqonepgCfe-c4XDlE8pkZ3sat9NCYG77eVhSwYw


絹が繋ぐ日本とスペインの文化交流として、バレンシア着物クラブの企画が無事実現されますように!! 会期中(2021年10月28日から2022年2月28日)にバレンシアにいらっしゃる方は、ぜひお立ち寄りくださいね。


絹博物館 Museo y Colegio del Arte Mayor de la Seda
住所:Calle Hospital 7, 46001 Valencia
WEB: https://www.museodelasedavalencia.com/


写真提供:バレンシア着物クラブ



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > バレンシア着物クラブによるシルク博物館での展覧会KIMONO-伝統からモード

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について