トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > クリスマス休暇最終日の今日はロスコンを食べる日

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

クリスマス休暇最終日の今日はロスコンを食べる日

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年1月 6日



2週間続いたクリスマスもいよいよ今日が最終日。1月6日は公現祭でスペインの祝日です。


イエスの誕生を星で知った東方の三賢王たちが、ラクダにまたがりはるばるベツレヘムのイエスのもとに贈り物を持ってやってきたことを記念する日で、これで救世主の存在が異教徒にも公になったということから日本語では公現祭と訳されています。スペイン語ではepifanía(エピファニーア)なのですが、一般的にはdía de los Reyes Magos(ディア・デ・ロス・レジェス・マゴス:三賢王の日)と呼ばれます。


三賢王は、日本語だとほかに三博士、三賢人とも訳されますが、スペイン語では"rey(レイ:王の意味。Reyesは複数形)"を使うので、私は三賢王を使っています。


ロスコン・デ・レジェス(roscón de reyes)はこの公現祭に食べるとってもポピュラーなお菓子。ここ数年スーパーの長期保存がきく冷凍品は11月頃からお目見えしますが、町のパン屋さんやケーキ屋さんではたいてい5日と6日に売り出され、人気店には行列ができます。わが家では、ここ数年毎年同じケーキ屋さんに予約しています。


DSC_9517.jpg


大きなドーナツ型のブリオッシュのようなパン生地の上に宝石を模した砂糖漬けの果物が並び、王冠の飾りがついています。横半分に切って、生クリームやカスタードクリームなどのフィリングを入れてあるものが人気。中には陶器の人形とそら豆が隠されていて、人形を当てると王冠をかぶってその日は1日王様になれるのですが、そら豆が当たるとロスコン代を払わなければいけません。大人も子供も大好きなお菓子です。


DSC_9526.jpg


7日からは通常モードの生活に戻るので、ロスコンは2週間のクリスマス休暇を締めくくるお菓子。日本の七草がゆとちょっと似た存在かもしれません。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > クリスマス休暇最終日の今日はロスコンを食べる日

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について