トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > スペインにもお歳暮が存在するって本当?

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

スペインにもお歳暮が存在するって本当?

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年12月29日



日本ではその年お世話になった方に、年末にお歳暮を贈る習慣がありますね。スペインにも似たような習慣があります。ワインや高級食材などを詰め合わせるギフトが主流で、カゴに入ったものはセスタ、箱に入ったものはロテと呼ばれています。


日本だと会社の部下が上司に贈ることもあるのでしょうが、スペインでは企業が従業員に贈るんですよ。夫も毎年12月半ば過ぎにロテを抱えて帰ってきます。今年2020年は€100ほどのロテで、なかには生ハム丸ごと1本(残念ながらイベリコ豚ではありませんでした)、ワインや腸詰類、お菓子などが入っていました。夫の会社は全員車通勤なので問題ありませんが、公共の交通機関を使ったら運べない大きさと重さでした。ロテを開けた瞬間はわ~!!と写真を撮ったりするものの、いつも私好みのものはほぼ入っておらず、「だったらもっと高級なワイン数本だけでいいのに」とか「イベリコ豚の生ハム丸ごと1本だけでいいのに」とぼやいています。


さて、こちらが今年のロテです。


69_n.jpg


9_n.jpg


写真があるので、過去に持って帰ってきたものもアップしちゃいます。セスタ(カゴ)に入っていたことも。そして、予算が低い年もあったことがわかりますね(苦笑)


DSC_7715.jpg


DSC_9732.jpg


DSC_2313.jpg


最近ではロテの代わりに商品券を贈る会社も増えているそうで、そちらの方がうらやましいとは思うものの、クリスマスにみんなで飲んだり食べたりできるものが詰め合わせになっている"伝統"がなくなることは悲しい。というわけで、このまま続いてほしい習慣です。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > スペインにもお歳暮が存在するって本当?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について