トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > クリスマスの定番菓子「トゥロン」

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

クリスマスの定番菓子「トゥロン」

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年11月29日



毎年「もうすぐクリスマス、今年もあとわずかなんだ」と気づくのが、スーパーにクリスマス菓子コーナーが設置された時です。今年2020年は10月下旬でした。


スペインにはクリスマスケーキを食べる習慣はないものの、クリスマス菓子はいろいろあります。その中でも代表的な伝統クリスマス菓子がトゥロンです。


スペイン全国で食べられるトゥロンですが、その多くはアリカンテ県にあるヒホーナという小さな山間の町で作られています。いまやトゥロンのフレーバーは何十とありますが、もっとも知られているのはトゥロン・デ・ヒホーナ(トゥロン・ブランド:柔らかいトゥロンという意味)トゥロン・デ・アリカンテ(トゥロン・ドゥロ:硬いトゥロンという意味)の2種類。トゥロン・デ・ヒホーナはアーモンドの粉とはちみつ、砂糖、卵白を固めたもので、トゥロン・デ・アリカンテは丸ごとのアーモンドを同様にはちみつ、砂糖、卵白で固めたものです。どちらもアーモンドの比率が高いものがおいしく、特に高級アーモンドのマルコナ種が重宝されています。このようにトゥロンはもともとはアーモンド菓子でしたが、最近多く出回っているのはチョコレートを使ったトゥロンです。


DSC_7583.jpg


トゥロンは大きな板チョコのような状態で包装されて売っていますが、トゥロン・デ・ヒホーナのような柔らかいタイプのものはその場でカットしてくれる専門店もあります。


DSC_9394.jpg


DSC_9017.jpg


トゥロンの産地ヒホーナでは、毎年12月初めの連休にクリスマス菓子の青空市場があります。私も何度が行ったことがあり雰囲気が好きなのですが、今年はコロナウイルスの影響で開催を見合わせるそうです。


私個人の感想ですが、トゥロン・デ・ヒホーナもトゥロン・デ・アリカンテも甘いので日本茶に合うんですよ。クリスマスの時期にスペインにいらっしゃる方は、日本に買って帰るおみやげにいかがでしょうか? クリスマス以外の時期でも伝統菓子を扱っているお店やデパートのグルメコーナーなどで入手できます。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > クリスマスの定番菓子「トゥロン」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について