トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > セコ、メロソ、カルドソ。お米料理は3つに分類される

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

セコ、メロソ、カルドソ。お米料理は3つに分類される

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年11月30日



明日から12月。11月に入っても2020年は比較的暖かかったのですが、さすがに寒くなってきました。


バレンシアといえば、パエリア。ここの郷土料理はお米料理です。寒くなってくると食べたくなるのが、アロス・カルドソ。先日、寒いというのにコロナ対策でバルのテラス席で食事をすることがありました。トレンチコートを着たままです。メニューにアロス・カルドソがあったので、迷うことなくそれをオーダーしました。


DSC_7223.jpg


ちなみにスペインではお昼のコースで前菜とメインを選ぶ場合、お米料理は前菜になり、そのあとに肉か魚のメインを選びます。でも、たいていのレストランではメインを頼まずに前菜2品でもOKなので、サラダとパエリアのような組み合わせにすることも可能です。


ところで、スペインのお米料理は大きく3つに分類されることをご存知でしたか? 違いはスープ分の量なのです。パエリアはまったくスープ分のないアロス・セコに分類されます。アロス・カルドソは写真のようにたっぷりのスープの中にお米と具が浸っているもの。そして、セコとカルドソの間に位置するのがアロス・メロソで、これはお雑炊やリゾットのようなスープ量になります。寒い季節はメロソもいいですね。


寒い時期にバレンシアにお越しの際は、ぜひアロス・カルドソやアロス・メロソを召し上がってみてくださいね。温まります。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > セコ、メロソ、カルドソ。お米料理は3つに分類される

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について