トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > ★日本で楽しむスペイン★日本語で読める伝説の醸造家によるワイン絵本

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

★日本で楽しむスペイン★日本語で読める伝説の醸造家によるワイン絵本

カテゴリー:夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2020年10月31日



寒くなると、ビールより赤ワインが飲みたくなりませんか? もうすぐボジョレー・ヌーヴォーが解禁になりますね。2020年は11月19日だとか。


さて、スペインのワインといえば、リオハを思い出す方も多いかと思います。スペイン北部のリオハはワインの生産地として有名で、スペインワインの原産地呼称(デノミナシオン・デ・オリヘン)では、最上級の特選原産地呼称に認定されています。生産の中心は赤ワインで、品種はテンプラニージョが中心約8割を占めます。


このリオハの歴史的醸造家エセキエル・ガルシア(1930年~2017年)は、自身の記憶に残るワイン畑やボデガ(醸造所)を多々描きました。これが La Rioja en mi memoria という1冊の本になり、なんとうれしいことに、スペイン語と日本語が併記された特別仕様版が日本で販売されているのです。



オールカラーで、本を開くと左のページにはご覧のように素人とは思えない絵、右のページにはその絵についての説明が書かれています。リオハのワイン史に名を残すほどの醸造家であったと同時に、芸術的な才能も秘めていたのですね。いえ、醸造家は芸術家なのかもしれません。


1232277_o.jpg


私も1冊持っていますが、温かなタッチの絵を見るだけでも楽しく、またワインに関する知識を得られるだけではなく、スペイン語と日本語が併記してあることでスペイン語の勉強にもなります。スペインワインがお好きな方に強くおすすめいたします!!


翻訳と販売は、以前も紹介したことがあるスペインワイン界の若きホープ、常田諭史さんです。注文や問い合わせはこちらにメールをお願いします⇒ tsunedasake@gmail.com


これを読むと、きっとリオハのワインがいままで以上においしく感じられることでしょう。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > ★日本で楽しむスペイン★日本語で読める伝説の醸造家によるワイン絵本

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について