トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 2回めの警戒事態宣言が発令されました

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

2回めの警戒事態宣言が発令されました

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2020年10月27日



スペインのコロナウイルス感染者は累計で100万人を突破し、今も増え続けています。春と比べて重症者が減ったのであまり深刻さを感じませんが、数字を見ると驚きます。


10月25日には、とうとう2回めの非常警戒事態宣言が発令されてしまいました。


Oficina.jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com
<屋内外を問わず公共の場ではマスク着用が義務化されています>


スペイン中が一斉にロックダウンとなった春とは異なり、今回は各自治州が状況にあわせて細かいルールを決めることになります。お役所や教育機関、企業、商店などは発令前と変わらず閉まることはありません。ただ飲食店に関しては、カタルーニャ州がテイクアウトのみという厳しいルールを設けました。


カナリアス諸島を除く全地域で23時~翌6時までの夜間外出禁止令が出ましたが、開始時間と終了時間は各自治州の決定で1時間前後することが可能です。ここバレンシア州は比較的感染率は低いので(もちろん日本に比べるととんでもない数字なのですが)23時~翌6時まで、カタルーニャ州だと22時スタートです。アラゴン州やアストゥリア州では、正当な理由なく州から出たり入ったりすることができないそうです。また、カタルーニャ州では週末の終日外出禁止も検討中だとのこと。このように州ごとに違いがあるので、州外に出る際には下調べが必要です。


バレンシア州は今のところ閉鎖されている自治体はありません。飲食店も人数を制限してはいるものの開いているので、私が日常生活を送る限りは何の不自由も感じていません。ただ、先月は息子のクラスで1人、今月は夫の職場で2人の感染者が出たので、身近に迫ってきている不安はあります。どちらのケースも、学級閉鎖や職場閉鎖になることもなく、感染者以外は通常通りに学校・職場に通っていました。検査はなかったので(息子のクラスの感染者と一番仲のよかった子だけは検査を受けなければいけなかったようです)、もし無症状キャリアがいたとしてもわからず、そこから感染が拡がる危険があると思いました。


いったいいつになったらコロナ禍から解放されるのでしょう。考えるだけで気が重くなります。今回の非常警戒事態宣言は来年5月9日まで続く可能性があり、明日29日に審議国会が開かれます。


*********追記*********


10月29日にバレンシア州知事から「明日から7日間州を閉鎖する」と発表がありました。州への出入りができなくなります。コロナ絡みの規制は急なことが多いのですが、今回もいきなりで驚いています。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 2回めの警戒事態宣言が発令されました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について