トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【バルセロナ】2026年のサグラダ・ファミリア完成予定が困難に!!

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

【バルセロナ】2026年のサグラダ・ファミリア完成予定が困難に!!

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年9月23日



バルセロナのシンボルともいえるサグラダ・ファミリアは、1882年に着工。翌年からいまや日本でも有名なガウディが主任建築家として指揮をとっていたものの、1926年教会のミサに行く途中で路面電車に轢かれて亡くなってしまいます。そのあとも建築は続いていますが、一時は「完成までにあと200年」などといわれている時期もありましたが、技術の進歩と観光客増加にともなう入場料収入で工期は大幅に短縮され、ガウディ没後100周年にあたる2026年に完成する予定でした。


DSC_5348.JPG


が!! ここにもコロナウイルスの影響が!!


ロックダウン中には建築は中断し、観光客が来なくなったことで入場料収入が激減。いまはまた建築を再開しましたが、資金がなければ今後は予定していたペースで進めることができません。


あと6年で完成した姿が見られることは楽しみだった反面、完成してしまうとさびしくなるという意見も耳にしていました。没後100周年というメモリアルイヤーに合わせて完成させたかった気持ちはわかりますが、"未完こそがサグラダファミリアの魅力"という考え方に則ると、そんなに悲観的にとらえる問題ではないのでしょうね。


さあ、完成はいつになるのか楽しみですね。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックしていただけるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【バルセロナ】2026年のサグラダ・ファミリア完成予定が困難に!!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について