トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【東京】本場仕込みのパエリアをお持ち帰り~テイクアウトで楽しむスペイン料理(3)

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

【東京】本場仕込みのパエリアをお持ち帰り~テイクアウトで楽しむスペイン料理(3)

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年5月30日



スペインは今もなお警戒事態下にありますが、規制の緩和は着々と進んでいます。2020年5月25日には、コルドバにある世界遺産のメスキータやマラガのピカソ美術館などが久しぶりにオープン。飲食店も条件付きで営業再開できるようになり、町に活気が戻ってきました。


東京は緊急事態宣言が解除されましたね。それでも日々感染者が確認されているので、まだ外食するのに抵抗がある方もいらっしゃるかと思います。そんなわけで、テイクアウトできるおすすめのスペイン料理屋さんの紹介第3弾です。


東京のスペイン通なら知らない人はいない代官山のサル・イ・アモール/Sal y Amorは、5年連続でミシュランのビブグルマンに掲載されている味もサービスも抜群のレストランです。それだけではなく、店内の雰囲気もと~ってもスペイン!! 実はここ、日本初の"アロセリア/arrocería"なのです。アロセリアはスペイン語で米料理専門店のこと。特にここバレンシアにはよく見かける形態のレストランです。


1221.jpg


イケメンで有名なオーナーはソムリエでもあり、ワインスクールで教鞭をとるほどのワイン通。東京で40年以上続く老舗スペイン料理店を経営するスペイン人の父親がいるので、スペインの味だけではなくスペインそのものも熟知していることも成功の秘訣のひとつでしょう。現在の料理長はバレンシアに1年間滞在してあちこちでお米料理をはじめとするスペイン料理を食べつくし、また現地の"アロセリーア"でも修行を積み、本場の味をよーく知っています。


1222.jpg


〈サル・イ・アモールの料理長(左)と店長(右)〉


今ならサル・イ・アモールの本場仕込みのパエリアをテイクアウトして、家で食べられるのです。もちろんお米料理のほかにも、ミックスサラダやスペインオムレツ、ピキージョピーマンの詰め物、スペイン風ミートボール〜シナモン香るトマトソースなどのおつまみも充実しています。また、税抜1600円のパエリア弁当も人気だそうです。テイクアウトのお料理に合ったワインも買って帰ることもできます。


1223.jpg


Arrocería Sal y Amor
・住所: 東京都渋谷区代官山町12-19 B1
・地図: https://goo.gl/maps/gEjAsZ2MxRX9yzc8A
・電話: 03-5428-6488
・Facebookページ: https://www.facebook.com/arroceriasalyamor/
・営業時間: 平日11:50~14:30 17:00~22:00、土日祝11:50~15:00 17:00~22:00
テイクアウトは21:00まで


サル・イ・アモールは銀座と中目黒にも系列店があり、こちらでもテイクアウトすることができます。


2号店にあたる銀座1丁目のラ・パンサ/La Panzaでもパエリア弁当が人気(税抜1500円)。バスク地方のアサリご飯か魚介と鶏肉のパエリアのどちらかを選べます。そのほか、おいしいおつまみやパエリアもあれこれ。テイクアウト容器の持込による割引があるそうですよ。


1224.jpg


〈とってもおいしいバスク地方のアサリご飯がお弁当に〉


Arroceria La Panza
・住所: 東京都中央区銀座1-15-8耀ビル 1F
・地図: https://goo.gl/maps/e1yogPQhwVLTStpw6
・電話: 03-6228-6793
・Facebookページ: https://www.facebook.com/LaPanza/
・営業時間: 平日11:45~14:30 17:00~22:00、土日祝11:45~15:00 17:00~22:00
テイクアウトとUber eatsの利用は11:45~14:00 17:00~21:00


3号店となる中目黒のバル・ポルティージョ・デ・サル・イ・アモール/Bar Portillo de" SAL Y AMORは、先日1周年を迎えたばかりです。ほかの2店舗はアロセリアですが、ここはバル。大人気メニューのタパスの盛り合わせ"コンビナード"も持ち帰りできます。11種類のタパスが楽しめるだなんて、おいしいワインが必須ですね。もちろん他店同様、お弁当やパエリアもあります。


1225.jpg


〈左が3店舗のオーナー、ビクトルさん〉


Bar Portillo de" SAL Y AMOR
・住所: 目黒区青葉台1-19-12 エスセナーリオ青葉台103
・地図: https://goo.gl/maps/aG9p8EMi5BSirGER6
・電話: 03-6455-2536
・Facebookページ: https://www.facebook.com/Bar.Portillo.Nakameguro/
・営業時間: 平日11:45~14:30 17:00~22:00、土日祝11:45~15:00 17:00~22:00
テイクアウトとUber eatsの利用は11:45~14:00 17:00~21:00


3軒とも味よし、サービスよし、雰囲気よしで、TVや雑誌でも紹介されています。私はスペイン人と一緒にサル・イ・アモールとラ・パンサに行ったことがありますが、「日本でこんなおいしいスペイン料理が食べられるなんて!!」と舌鼓を打っていましたよ。どの店舗も日々Facebookに最新情報が投稿されていますので、テイクアウトについてもそちらをご覧くださいね。


お店まで取りに行けない方はUber eatsをご利用ください。なお、3軒とも入念な新型コロナウイルス対策のもと店内営業もしています。



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【東京】本場仕込みのパエリアをお持ち帰り~テイクアウトで楽しむスペイン料理(3)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について