トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【重要】新型コロナウイルスに対する"警戒事態"宣言の具体的内容

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

【重要】新型コロナウイルスに対する"警戒事態"宣言の具体的内容

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年3月15日



昨日2020年3月14日にスペイン政府は警戒事態(これまで私は非常事態と訳していましたが、正しい訳は警戒事態になります)を宣言する政令を出し、具体的な内容をアナウンスしました。早速在バルセロナ日本国総領事館から、その内容が書かれたメールが届きましたので、ここでご紹介します。


=================================================


●3月14日、スペイン政府は「警戒事態」(Estado de alarma)を宣言する政令を発出するとともに、同宣言に係る具体的な措置につき発表しました。
●移動制限等の措置がとられますので、同措置の内容を遵守してください。
●空港閉鎖の情報はありません。航空便の運航状況については、各航空会社にご確認ください。
●公共交通機関の運行状況等に関する参考ウェブサイトをまとめました。


1 「警戒事態」宣言の具体的措置内容
スペイン全土において、以下の措置がとられます。なおこの措置は15日間の予定ですが、状況によって延長される可能性があります。


(1)移動に係る措置
全ての不要不急な移動が制限されます。ただし、以下ア~キの移動は「警戒事態」宣言下でも認められます。
ア 食糧・その他医薬品等の必需品の入手のための移動
イ 医療機関への受診のための移動
ウ 職務履行のための職場等への移動
エ 住居へ帰還するための移動
オ 高齢者、小さな子ども、障がいのある方、その他日常生活において手当てが必要な方への対応(介護等)のための移動
カ 金融機関への移動
キ その他、不可欠な理由による移動


※中央政府管轄の公共交通機関(幹線道路における公共交通機関、近距離・中距離鉄道等)については、運営自体は維持するものの、一部本数等が半減する見込みです。
※航空便については、今後減便の可能性があることに留意する必要がありますが、空港閉鎖の情報はありません。具体的な便の運行についは、お手数ですが各航空会社にお問い合わせ下さい。また、空港までの交通機関も運営は維持される見込みです。


(2)商業施設等の一時的閉鎖に係る措置
スペイン全土において、商業施設及び観光施設等の一時的閉鎖に係る措置がとられます。
生活必需品等を販売しているスーパー、薬局のほか、病院、ガソリンスタンド等は営業されます。


2 お願い
(1)同措置の内容を遵守してください。
(2)航空便の運航状況等については、各航空会社にご確認ください。


3 公共交通機関に関する参考ウェブサイト

(1)航空機の運航状況を知りたい
※最新の情報は、ご利用される航空会社のホームページ等からご確認ください。
○空港管理会社(AENA)ウェブサイト(スペイン語、英語)
http://www.aena.es/es/aerolineas/aerolineas.html
○フライトレーダー24(英語)
https://www.flightradar24.com/data/airports/bcn/departures
○国際航空運送協会(IATA)(英語) ※最終更新日にご注意ください。
https://www.iatatravelcentre.com/international-travel-document-news/1580226297.htm


(2)道路情報を知りたい(スペイン語、カタラン語)
○全国:http://infocar.dgt.es/etraffic/
○カタルーニャ州全域:http://mct.gencat.cat/
○バルセロナ市:https://com-shi-va.barcelona.cat/ca/transit


(3)バルセロナのバスや地下鉄等の運行状況を知りたい(スペイン語、カタラン語)
※新型コロナウイルス感染防止のため、地下鉄、バス等のご利用はできるだけ避けることをお勧めします。
○バルセロナ市運輸当局(バス、地下鉄)
https://twitter.com/TMBinfo
https://twitter.com/BCN_Mobilitat
○鉄道
・FGC:https://twitter.com/FGC
・Rodalies de Catalunya:https://twitter.com/rodalies
・Renfe:https://twitter.com/Renfe


(お問い合わせ先)
○在バルセロナ日本国総領事館
電話:+(34)-93-280-3433
ホームページ:http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
○在スペイン日本国大使館
電話: +(34)-91-590-7600(代表),+(34)-91-590-7614(領事部直通)
ホームページ:https://www.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
○在ラスパルマス領事事務所
電話:+(34)-928-244-012
ホームページ:https://www.es.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000042.html


=================================================


外出規制が始まりましたが、外からは人の声がします。覗いてみると、犬の散歩をする人、ゴミ捨てに行く人、パン屋さんに行く人といつもと変わりのない日曜の朝です。この1週間ほど、ニュースから伝わる新型コロナウイルスの脅威と自分の目の前に広がる平和な光景が同じ世界のものとは思えず、不思議な感覚でした。空っぽになったスーパーの棚を見た時だけ、ふたつの世界が一致しました。これから2週間は閉じこもりの生活になりますが、各人が感染防止に努め、この規制された生活が延長されないことを願います。


4月には聖週間(セマナサンタ)で、スペイン各地で恒例のプロセシオン(マリア像やキリスト像、信徒、楽隊などが連なる宗教行列)が予定されていましたが、どこも中止を発表しています。


こんな暗い状況のなか、ベランダに出るとかすかに漂ってくるオレンジの花の香りに癒されています。温かい日差しも、小鳥のさえずりもいつもよりとても愛おしく感じます。


89913203_10222446203123200_7944947872712097792_o.jpg



=====================================

ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けるとうれしいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【重要】新型コロナウイルスに対する"警戒事態"宣言の具体的内容

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について