トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 9月15日はバレンシアのオペラ劇場の無料公開DAY

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

9月15日はバレンシアのオペラ劇場の無料公開DAY

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年9月13日



白を基調にした大型の近未来建築物が並ぶ芸術科学都市(Ciudad de las Artes y las Ciencias)の中でも、ひときわ目をひくこの建物。


17681_1024 .jpg

©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com


横から見ると宇宙船のような、この角度から見ると魚が少々口を開けているような・・・。これは、Palau de les Arts Reina Sofia(バレンシア語)。スペイン語ではPalacio de las Artes Reina Sofia、日本語に直訳するとソフィア王妃芸術宮殿とこ難しい名前なのですが、要するにオペラ劇場的施設です。


設計者を担当したのは、バレンシア出身で世界的に有名な建築家のサンティアゴ・カラトラバ。ホールを4つも有する、欧州でも有数の大きさを誇る劇場です。2005年に完成し、翌年から公演がスタート。数年前には外壁に亀裂が生じたことから大規模な修復が必要になり批判が飛び交いました。


普段はガイド付きの見学ツアーがあり、観客にならずとも中を見てまわることができます。所要時間はおよそ1時間で、料金は10.90ユーロ。チケットはこちら からお求めになれます。なかなかインスタ映えするスポットだそうですよ。


さてさて、9月15日(日)はこの劇場の無料公開デーです。時間は11:00~17:00。館内を自由に見学することができます。また、12:00、17:00,19:00に無料コンサートも開催されますが、これは事前にチケットを予約する必要があります。こちら をご覧ください。


この日が無理でも、バレンシアにお越しの際はぜひ観客として訪れてくださいね。オペラや舞踊、コンサートなどが通年で開催されています。プログラムはこちら です。私は念願のスペイン国立バレエ団の公演をここで観ました。旅行中でも、オペラ劇場にはちょっとおめかしをして出かけたいですね。あまりにカジュアルな服装だと浮いてしまうかもしれませんのでご注意を。

=====================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 9月15日はバレンシアのオペラ劇場の無料公開DAY

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について