トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > ハポン(日本の意味)のいう姓を持つ人たちが住む町コリア・デル・リオ

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

ハポン(日本の意味)のいう姓を持つ人たちが住む町コリア・デル・リオ

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年8月30日



スペイン語では日本のことをハポン(JAPÓN)と言いますが、スペイン南部セビージャ近郊のコリア・デ・リオという小さな町には、ハポンという姓を持つ人たちがおよそ700人住んでいます。このハポン姓の人たちの先祖は日本人だったと考えられているのです。


徳川が江戸に幕府を開いた後の1613年、仙台の伊達政宗は慶長遣欧使節団を欧州に派遣しました。石巻を出た後にメキシコを経由し、1年かかってヨーロッパに着きます。スペインのサンルーカル・デ・バラメダからグアダルキビール川を遡り、最初に上陸したのがコリア・デル・リオではないかと言われています。この町には1617年に帰途の旅に出る前にも数か月間滞在したとされており、その際に使節団の数名がここにとどまることを決めたとのこと。町の教会に残る洗礼台帳によると、ハポンという姓は使節団の滞在以前は存在しなかったそうです。


Hase (2).jpg


これがハポン姓の人たちが日本人の末裔だと言われるゆえんです。


私が1997年に訪れた時は、使節団を率いた支倉常長の銅像がぽつんと立っていただけなのですが、今では銅像の後ろに鳥居ができたり説明書きが登場したりと、近年の宮城県とコリア・デル・リオの交流が盛んになったことがうかがえます。2013年には当時はまだ皇太子だった天皇陛下もここを訪れています。


Hase.jpg
写真提供:Juan Manuel Suarez Japón


私は遠藤周作がこの支倉常長を主人公に仕立てて書いた『侍』を読みました。とても読み応えのある小説なので、オススメです。


コリア・デル・リオは市役所に日本の国旗が掲げられているほど親日的な町です。セビージャからはバスで30~40分の距離なので、機会があればぜひ日本人ゆかりのこの町に足をお運びくださいね。


コリア・デル・リオはここ !!

=====================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > ハポン(日本の意味)のいう姓を持つ人たちが住む町コリア・デル・リオ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について