トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 超簡単で温まるスープ『ソパ・デ・アホ』のつくり方

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

超簡単で温まるスープ『ソパ・デ・アホ』のつくり方

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年1月20日



バレンシアの家は、夏は外より涼しく真夏以外は扇風機だけでもしのげるので助かります。でも、冬は寒い! 日中は、外に出ると日差しで家の中より暖かく感じるほどです。寒さの厳しい北部や中央部と違い、セントラルヒーティングの家は聞いたことがありません。あるのかな? 寒がりなもので、やはり冬は体が温まるものが食べたくなります。この冬、数年ぶりにつくって以来ハマっているのがソパ・デ・アホです。直訳するとにんにくスープ。寒さの厳しいカスティージャ地方の郷土料理です。


今日は日本でも手に入る材料で簡単レシピをお届けします。


◆材料(2人分)◆
にんにく 2片
バゲットパン 5㎝くらい (なければ食パン1枚くらい)
ベーコン 1枚
オリーブオイル 大さじ2
水 400ml
チキンコンソメ 1粒の半分(顆粒なら小さじ1)
ピメントン(スモークパプリカパウダー) 小さじ1
塩 少々
卵 1個
ドライパセリ 少々


◆作り方◆
1)にんにくは薄切り、ベーコンは1cm角以下、パンは2.5㎝角くらいに切る
2)卵を溶いておく
3)厚手のお鍋にオリーブオイルを温め、ベーコン、にんにくの順で炒める(にんにくが焦げないように)
4)パンを入れ軽く炒めたら、パプリカパウダーを加えサッと混ぜ、水とあらかじめ砕いたコンソメを入れる
5)味をみて塩を加えつつ2~3分煮込み、沸騰したら卵をまわし入れ、火からおろして蓋をして1分置く(卵が固まるように)
6)スープ皿やカップに入れ、乾燥パセリを散らしたらできあがり


50594733_10218657648731708_2599180655531130880_o.jpg

<水分をやや控えめにしパンの量を増やし、食べるスープ風につくってみました>


◆本来は生ハムを使いますが、入手しやすいベーコンにしてあります。
◆スモークパプリカパウダーはわが家では甘口(ドゥルセ)を使いますが、辛いのがお好きな方は辛口(ピカンテ)でどうぞ。


とにかく時間ががからずに、あっという間にできるのにおいしい!!


ミガス同様、オリジナルは固くなったパンを使うカスティージャの羊飼いさん達のお料理です。にんにくとオリーブオイル、パプリカパウダーの香りで、「ああ、昔ながらのスペイン料理だ~」と、私の場合、しっかりとカスティージャの大地の風景が脳裏をよぎります。ぜひお家で作ってみてくださいね。

=====================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 超簡単で温まるスープ『ソパ・デ・アホ』のつくり方

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について