トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > サマータイム終了のお知らせ

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

サマータイム終了のお知らせ

カテゴリー:お知らせ / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年10月25日



スペインは今週末でサマータイムが終了します。


DSC_0609.jpg


10月28日日曜日の午前3時に時計の針が1時間戻って2時になるので、1時間余分に眠ることができますね。夏時間が始まる時は逆に1時間進むので、気付かないでいるとその日の電車やバス、飛行機を逃しかねないことになるのですが、今回その心配はありません(^^)


今ではパソコンや携帯電話は自動的に変わるので楽になりました。私は起きたら柱時計の時間と腕時計の時間を直します。


ヨーロッパでは3月の最終日曜日に夏時間に変わり、10月の最終日曜日に時計の針を戻しますが、ほかの国ではまたこのタイミングが異なります。サマータイムが終了すると、日本との時差はマイナス8時間です。


スペインの夏と言えば、夜10時近くまで空が明るく、人々がテラスでビールを飲みながら夕涼みをする光景がおなじみです。夕食時間も平均9時と遅く、宵っ張りのイメージがありますね。その影響もあり、EU他国と比べると睡眠時間も短いのだとか。


実は、もともとは同じイベリア半島のポルトガルやモロッコ、イギリスと同じ西ヨーロッパ時間(グリニッジ標準時)とよばれるタイムゾーンだったのですが、フランコ政権下の1940年に同盟国ドイツにあわせるために中央ヨーロッパ時間に変更したのです。そしてそのままそれが続いています。スペインの夏の日が長い理由はここにあるのです。これを戻そうという運動もあるものの、なかなか実現しないでいます。なお、カナリア諸島は1時間遅い西ヨーロッパ時間が使われています。


日本でも報道されていましたが、EUでは市民の過半数以上がサマータイムに反対だそうで、廃止が検討されています。健康に影響があると言われていますが、どうなのでしょうね。私は毎回何の問題もなく順応できているのですが。


もしもスペインでもサマータイムが廃止され、西ヨーロッパ時間に戻ったとしたら、夏の明るい時間も8時頃までとなります。個人的にはそれがベストなのではないかと思っています。

=====================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > サマータイム終了のお知らせ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について